鉄道員(ぽっぽや)
( 平成11年作品 ― 東映 )

我がパノラマは屈斜路湖(東北海道弟子屈町)にあるので北海道が舞台の映画・ドラマの紹介ページをつくりました。


鉄道員(ぽっぽや)【 ストーリー 】



浅田次郎のベストセラー小説を、主演・高倉健、監督・降旗康男、撮影・木村大作の名トリオで映画化したせつなくもファンタジックな人間ドラマ。

北海道のローカル線の終着駅で駅長を務める初老の男・乙松。毎日休むことなく列車を見送り、妻(大竹しのぶ)や幼な子の死すら看取ることのできなかった彼の前に、ある日不思議な少女(広末涼子)が現れる…。
人生の荒波に耐えながら、健気に、そして真摯に生き続けてきた男だけが体現できるロマンと悲しみ。
雪積もる画面の中にただ立ってくれているだけで、2時間くらいは優にウットリと観ていられる「真の映画スター」健さんの魅力が十二分に発揮された作品だ。

第23回モントリオール世界映画祭では主演男優賞を受賞するほか、その年の国内映画賞・主演男優賞も総ナメ。



鉄道員(ぽっぽや)に出てくる幌舞駅はフィクション。本当はJR幾寅駅(いくとら)である。
だがロケ地を見たが、本当の駅名である幾寅は、ホームにいくつか書かれているだけなので限りなく目だたない。

「だるま食堂」などロケで使用された建物は、現在も映画の町並みのままに保存・公開され、JR幾寅駅前はまるで映画の中に入り込んだような感覚がある。


【出演】
佐藤乙松:高倉健 / 佐藤静枝:大竹しのぶ
佐藤雪子:山田さくや・谷口紗耶香・広末涼子
杉浦仙次:小林稔侍 / 杉浦明子:田中好子
杉浦秀男:吉岡秀隆 / 杉浦由美:大沢さやか
吉岡肇:志村けん
吉岡敏行:松崎駿司(小学生)
加藤(吉岡)敏行:安藤政信(養子で改姓)
加藤ムネ:奈良岡朋子 / 飯田:中本賢
川口:平田満


【スタッフ】
監督:降旗康男 / 撮影:木村大作


鉄道員(ぽっぽや)のDVDはこちら



隣接している「情報プラザ」内には、鉄道員(ぽっぽや)展示コーナーがあり、スチール写真や出演者の色紙、主演者がロケで着用した衣装などが展示されているほか、撮影の様子を盛り込んだ映画のダイジェスト版ビデオが常時放映されている。 鉄道員(ぽっぽや)のロケセットと同様の、この町全体の古き良きたたずまいは、訪れる人々の心を暖めてくれる。
(ロケセット、情報プラザは見学無料)
北海道が舞台の映画
P.CHATRAN INDEX
確認 OS:Windows 10 / 7 / Ubuntu 18.04 Linux / Android 8.1-r1 ( Mac系は ipad・iphoneも含め 未確認 )
確認ブラウザ : IE11 / Firefox 63.0 / Google Chrome 70.0 
Copyright © 1992〜 Lake View Pension CHATRAN All rights reserved.
〒088-3341 北海道川上郡弟子屈町屈斜路142-6
ペンションチャトラン東北海道の観光スポット幸福の黄色いハンカチ遥かなる山の呼び声|鉄道員(ぽっぽや)|子ぎつねヘレン家族