FAF工房
羊の部屋
FAF工房の羊はサウスダウン種系で、主に食用にされます。
うちのペットの  (ミニチュアダックスフンド)と遊ぶ子羊。
FAF工房には、全部で、20匹ぐらいの羊たちが。いつも生活しています。旧寒別小学校の校庭で、静かに草をはんでいます。
この建物が、羊小屋、校舎の後にあります。冬には、氷点下10℃以下になる日もありますが、羊たちは、寒さには、驚くほどタフ。暖房がないけれど、羊たちの体温で、小屋を暖めて、何とか冬を乗り切ります。
羊の主食は、草で、ほとんど野菜だけで生活しています。写真の、白い荷物は、ロール牧草
乾燥した牧草をきつく捲いてあり、これひとつで、250kg、FAF の羊たちの 日分の食料になります。
子羊に、母乳をやります。1日に3回、子羊は、吸い付いてきます。
母乳には、子羊の免疫力をつける、特別な成分が含まれています。出産後1週間の 初乳は、クリーム色をしています。
ここに写真の説明を書きます。
生まれたての子羊です。
母親が、ペロペロなめて ヌルヌルの体を 拭いてやります。
子羊は、生まれてすぐ、よろよろ立って歩き始めます。