岡山県和気閑谷学校から八塔寺

2004年11月

閑谷学校

sizutani01

旧閑谷学校講堂です。1666年、備前藩主池田光政により我が国初の庶民の学校が造られました。講堂と備前焼でできた丸瓦は国宝です。他に文庫、小斉、習芸斉、飲室の建物が有ります。現在でも県下の中学生は講堂で青少年教育センターの方から孔子の教えを聞くことできます(一般の人は講堂内には入れません)。

sizutani05 sizutani06

講堂内です。今でも床はつるつるに輝いています。ここで多くの若者が勉学に励んでいたのですね。講堂の窓・・・この窓から櫂の木を眺めて若者は何を思ったのでしょう・・・将来の夢?それとも疲れた目の休息?(笑)そんな事を想像して、少し昔にタイムスリップしてしまいました。

sizutani04

櫂の木が2本あり紅葉の名勝でもあります。不思議と1本は黄色く、もう1本は赤く色づきます。今年は台風の影響で葉も少なく紅葉は今ひとつかな?でも、大木の下から見上げると、空の青さと黄色く色づいた葉の艶やかさとで、思わず声をあげそうになりました(笑)。

sizutani02 sizutani07

櫂の木が2本あり紅葉の名勝でもあります。不思議と1本は黄色く、もう1本は赤く色づきます。今年は台風の影響で葉も少なく紅葉は今ひとつかな?でも、大木の下から見上げると、空の青さと黄色く色づいた葉の艶やかさとで、思わず声をあげそうになりました(笑)。

sizutani08
sizutani09

学校から450m程東へ歩いた所にある『紅葉亭』です。「・・往時生徒が逍遥したところ・・」とパンフレットには載せてあります。ここでぶらぶらと何を思ったことでしょう・・・。今より、ずっと心豊かだったように思えます。ここも、おぐさんお気に入りの場所です。

て、まだ10時半、おにぎりを食べるにはまだ早い。閑谷学校から車で30分の所にある八塔寺までGO♪

hatutouzi02

ふるさと村と言っても、昭和の古き良き時代がそのままの形で偶然残ってしまった、と言う感じです。茅葺きの家にはお年寄りの姿も・・・。八塔寺は管理する人もいないのか随分と荒れ果て、近所のお年寄りが供えたのか菊の花が灯火のようでした。

hatutouzi01
murasakisikibu

路地裏と言うのでしょうか・・・。カサコソと落ち葉を踏む音。ムラサキシキブを見つけたのはここへ来る道すがら。

hatutouzi03

誰も居なくなった家・・・。側の紅葉が「大丈夫だ!」と家を守っているようです。多くのカメラマンの被写体になっていました。

hatutouzi05 hatutouzi04

資料館になっている家。田舎で暮らす為に必要な道具が沢山あります。田舎育ちのおぐさんでも珍しい物ばかり。

庭を挟んだ南の斜面にあったお地蔵さん。メガネをかけたお地蔵さんや、あっち向いてホイのお地蔵さんもあって笑ってしまいました。

ドライブを終えて

8月以来のドライブです。おにぎりと卵焼きを作って出かけました。おにぎりは木立の中で小鳥の囀りを聞きながら食べました。出逢ったもの、鴨、野良猫3匹、バンダナをした犬、カケス、その他大勢の野鳥・・・。今度は何時行けるかな?これからは寒くなるから、おにぎりは無理かな?(笑)。久しぶりのお休みと、お天気のご機嫌がよろしく最高のドライブとなりました。※閑谷学校は紅葉の時期はたいへん混みます。9時開門にあわせていくといいでしよう。

line0601
Top Back Next Home