植物画集 ボタニカルアート アルバム 本文へジャンプ

蒔絵工房の仕事

プロフィール
山口 隆史(やまぐち たかふみ)

1971年 東京都台東区下谷生まれ。現在は埼玉県三郷市在住。

      地元三郷高校卒業。父隆宣の蒔絵装飾業を手伝いながら漆工技術を学ぶ。
      松杖斉は祖父。

1999年 家の光出版 白石茂 著 「原種洋蘭大図鑑」の扉挿絵に採用される。

2006年 地元みさと広報「いきいきLIFE」掲載。

2007年 東京ドーム世界蘭展にて美術工芸部門優秀賞受賞。作品はこちら

2008年 フィンランドへ渡航、印籠研究家クレス夫妻と交流。
      同年六本木国立新美術館展示出品。

2009年 東京都美術館 ほっぷすてっぷ展にて記念賞受。新美術新聞掲載。

地元新聞東武よみうり掲載。ホームページ開設
      漆工史学会会員となる。
2010年 三郷市立コミュニティーセンターにて初の展示会を開催。自身の植物画と漆作      品を展示解説し、来場者200名を超え地元の好評を得る。
2011年 地元東武朝日新聞「まちの達人」コーナーに掲載。



NHK番組取材放映、埼玉県立民族文化センター、地元コミュニティーセンター等文化施設にて実演経験多数。三郷市立戸ヶ崎コミセンでは植物画教室も開催中。


技術一本で存続してきた我が家は皆様からのご依頼が生命線です。
私は魅力ある作品作りの為、祖父の作品を研究し、手を尽くしていますが、経済的苦境に立たされています。

少しでも多くの方々に漆の美や、手仕事の価値を紹介し、ご理解とご支援に繋がるよう努めています。結果、私個人の漆工技術が「芸」の域に達し、日本の文化に貢献出来ないものか。どうか皆様のご協力を賜ります様、宜しくお願い致します。


                                       
                                                    山口 隆史
E-mail
        
                                                  

    Copy right (c) 2009-2018 山口隆史 All rigthts reserved.