離婚相談は横浜離婚相談所へ

離婚相談ダイレクト便熟年離婚

離婚協議書

国際離婚相談

離婚Q&A

女性の結婚観

熟年離婚

財産分与

離婚慰謝料相場

養育費

別居中の生活費

年金分割

離婚と再婚

家庭内暴力

離婚届の書き方

家庭裁判所

離婚調停

どこの裁判所へ

家庭裁判所所在地

用語の解説

離婚の知識

全国婦人相談所

料金表

リンク集1

リンク集2

リンク集3

サイトマップ  


サイト運営者> 

横浜離婚相談所
横浜市金沢区能見台5-12-9
電話 045-781-8382  
携帯 080-4610-3749
代表 斎藤清彦
 代表 斎藤清彦

京大法学部卒
元家庭裁判所調停委員
元行政書士
宅地建物取引主任者 

メールアドレス
saito-88@@topaz.plala.or.jp
(@は1個に修正してください)
    


熟年離婚|横浜の離婚相談ダイレクト便


熟年離婚の典型的な例としてテレビで放映されたドラマ「熟年離婚」についてご紹介します;が、夫婦のコミュニケーションをはかれば、熟年離婚は防止できます。
熟年離婚では、通常、年金の分割が行われます。

■ドラマ熟年離婚のあらすじ■
仕事一筋だった幸太郎が定年退職を迎えた日の夜に、長年連れ添ってきた妻から突然三行半(みくだりはん)を宣言され離婚届を突きつけられます。
このドラマに登場する夫婦は次のように描かれています。
夫である幸太郎(60歳)……俳優は渡哲也、重工業の会社で技術系として勤務し、会社一筋の人生で、ついに定年を迎えます。

妻の好みも入れて購入した一戸建てのローン返済も終わり、3人の子どもたちは大学を出てそれぞれの道を歩んでします。
定年退職後は再就職話も断り、妻と旅行とか趣味を共にして老後を楽しもうとしていました。
妻である洋子(57歳)……女優は松坂慶子は幸太郎とは見合い結婚をし、結婚してからは経済的には恵まれた専業主婦です。  
何不自由ない生活ができることについては夫に感謝しながらも、会社の仕事に没頭して家庭を顧みない夫に対しては、精神的な不満を募らせてきましたがそれを口に出すようなことはありませんでした。

子育ても終わり、老後は自分らしさを活かして残りの人生を送りたいと、独立の準備を進めてきており夫の定年退職を機に別れ話を切り出します。
子供たちはこのような両親に対して、それぞれの反応を示し、いろいろとストーリーは展開し結局、この夫婦は妻の希望したとおり離婚することになります。
幸太郎は、仕事一筋でワーカーホリックと描かれていて品行方正で不倫とかはなく、性格の不一致や価値観の違いが、洋子をして自分らしく老後は生活したいという気持に駆り立てたようです。

たまたまロケ地が私の住んでいる町で、日ごろ使っている駅が毎回出てきたりして、夫婦のやり取りや子供達の反応がどう展開するか推理しながらこの連続ドラマを観賞しました。

■熟年離婚の特徴と対策■

熟年離婚でもそれ以外の離婚でも離婚の原因は共通点があるようです。
夫は一流企業で働くエリートサラリーマン、妻は専業主婦で家庭を守る。
家庭的に裕福で大きな家に住み第三者から見ればうらやましい家庭ですが、妻は家庭に捧げてきた思いがあり、夫との会話の少ない日々に精神的に満たされず、我慢し続けたことへの反動として離婚を希望するようになることがドラマでは描かれていました。


この他の離婚原因としては次のものがあります。
夫の高圧的な生活態度 飯を食わしてやっているとかの言葉の暴力、ドメスティックバイオレンス、生活費さえ妻に渡せば自分の務めは果たしたとの思いこみ、セックスレス、性の不一致、性格の不一致、不貞行為、価値観の差、浪費、愛情の喪失、夫の親族=姑や義父との折り合いが悪い・・・・・等です。

一番多いのは 性格の不一致、価値観の差、愛情の喪失ではないでしょうか。

常日頃から、夫婦間のコミュニケーションを心がけ、お互いの個性を尊重することが重要な対策です。
退職金が出たときに、退職金を分与してもらい、また年金の分割もして、離婚に至るのが熟年離婚の典型的なパターンです。

熟年離婚は、常日頃から相手を労わる気持、有難うと感謝する気持があってこれを表現できれば防止できます。
ときどきは、相手の立場に立って考えてみることで、お互いの心が開けてくると思います。

 

このページのトップに戻る