離婚相談は横浜離婚相談所へ

離婚相談ダイレクト便離婚Q&A父親は親権者になれるか

離婚協議書

国際離婚相談

離婚Q&A

女性の結婚観

熟年離婚

財産分与

離婚慰謝料相場

養育費

別居中の生活費

年金分割

離婚と再婚

家庭内暴力

離婚届の書き方

家庭裁判所

離婚調停

どこの裁判所へ

家庭裁判所所在地

用語の解説

離婚の知識

全国婦人相談所

料金表

リンク集1

リンク集2

リンク集3

サイトマップ  


サイト運営者> 

横浜離婚相談所
横浜市金沢区能見台5-12-9
電話 045-781-8382  
携帯 080-4610-3749
代表 斎藤清彦
 代表 斎藤清彦

京大法学部卒
元家庭裁判所調停委員
元行政書士
宅地建物取引主任者 

メールアドレス
saito-88@@topaz.plala.or.jp
(@は1個に修正してください)
    


父親は親権者になれるか|横浜の離婚相談ダイレクト便


■■質問■■

妻が性格の不一致を理由に離婚を言い出しました。

私は2歳の息子と別れたくありませんので、離婚するなら息子の親権者は私にするように主張しています。
これに対して妻は絶対子供は渡さないと言い張ります。

家庭裁判所の調停で、私が息子の親権をとれる可能性はあるでしょうか。

■■回答■■

離婚の際に、親権者を父親にするか母親にするかは夫婦間の話し合いで決めることが一番良いのですが、当事者の協議ではどうしても決まらないときには、家庭裁判所に調停を申し立てて調停で決めることができます。

しかし、調停でも決着がつかなければ家庭裁判所が審判と言うやり方で決めてくれます。

家庭裁判所は、当事者の両方の実情を経済面、生活状況、環境、愛情、監護の方法等につき調査し、また、子供さんが10歳程度になれば子供さんの意思も尊重して総合的に判断して決めます。
なお、15歳以上ですと子供の意思は必ず聴くことになっています。

子供さんが3歳くらいですと子供さん本人の意思を確認することは無理ですし、一般的には、母親が適任として親権者と認められることが多いようです。

しかし、総合的な判断ですので、母親が親権者としては不適切な事情があるとか、子供の監護養育の態勢が父親の方が優れている場合には、父親に親権が認められることはあり得ます。


離婚Q&Aに戻る


このページのトップに戻る