平安の市民の美味:水無月豆腐
「水無月」とは今月6月の古称です。
平安の昔、陰暦の6月1日に、宮中では氷室に蓄えておいた氷を臣下に賜る
「氷室の節会」(ひむろのせちえ)という行事があったそうです。
現代では、「氷」は簡単にどの家庭でも作れますし、
スーパー・コンビ二でも手軽に購入できますね。
でも、昔は冬に出来た氷を氷室に貯蔵しておいて、真夏に出しては涼を得ていたようです。
電気もガスも無い時代ですから、夏まで蓄えておくのもそれは大変な事だったでしょうね。
これはもうある種「宝」です。
帝よりこれを賜った臣下は、きっと天にも上る心地だったことでしょう。
ただ、一般の民はそんなふうにはいきません。
そんな「宝のような氷」を夏に手に入れるなんて夢のまた夢。
そこで、かわりに「氷餅」を食べてお祝いしたそうです。

水無月豆腐はこうした故事に因んだお料理です。
氷室から切り出した小石のかけらが付いたままの氷の姿をイメージした、
大納言小豆が見え隠れしている真っ白いゴマ豆腐
冷たいお出汁に山葵を添えて
目にも涼しい一品をぜひ一度お試しくださいませ。



水無月豆腐をデザート風にアレンジしてみました
冷たくして黒蜜でどうぞ


戻る