●2004年11月-2006年3月
●2006年4月-2007年3月
●2007年4月-2008年3月
●2008年4月-2009年3月
●2009年4月-2010年3月
●2010年4月-2011年3月
●2011年4月-2012年3月
●2012年4月-2013年3月

・1984年に「フォトハウス京都」が設立され、
1985年〜1992年までギャラリーDOTでは
フォトハウスワークショップの事務局を担当してきました。
その主な目的は技術面を中心に若手写真家の育成でした。
それから約20年の歳月が過ぎ、その成果をふまえた上で
更に幅広いカリキュラムのもと、「フォトハウス京都」と
共催 にて2005年4月〜写真学校「写真ワークショップ京都」を
開校いたします。
デジタル時代の昨今、改めて自分にとっての
写真表現を勉強してみませんか?
詳しくは写真ワークショップ京都のホームページ
http://www.eonet.ne.jp/%7Eeo-coli/index.html
をご覧下さい。


第1回テクニカル講座  2008.4.29

・2008年4月29日(祝)午後1時から4年目の写真学校
「ワークショップ京都」がギャラリーDOTではじまりました。
まずは、入学式、新メンバーの自己紹介に始まって、一年間の授業
内容のガイダンスと進められ、午後2時から早速、第1回目の
テクニカルレクチャーが行われました。この日の内容は、35ミリカメラ と4×5大型カメラを分解してカメラの構造について学習しました。
アナログカメラの人もデジタルカメラの人も知っているようで
知らない基礎知識です。
次回は5月11日(日)第43回目のセミナー&ゼミがはじまります。


第43回セミナーとゼミ  2008.5.11

・5月11日(日)午後1時から新しいメンバーで、
初めてのセミナーとゼミがギャラリーDOTで行われました。
開講してから通算すると43回目のセミナーとなります。
これまで撮った写真を各自順番に全部並べてお披露目です。
最初の日ですから、技術面は今後の課題と言うことで、
内容面を中心にアドバイスがありました。
その後の第1回目のゼミはステップ1、写真表現基礎、
各自、自分の興味ある写真、好きな写真、そのほか、
意見交換しながらテーマの必要性といったことを考えました。
次回は6月1日(日)テクニカルレクチャーが行われます。


第2回テクニカル講座  2008.6.1

・6月1日(日)午後1時から第2回目のテクニカルレクチャーが
行われました。更に参加者が増えて順調な滑り出しです。
この日は基礎技術の続きで、露出について集中的に学習しました。
その後、学習内容を確かめるべく、近くの下鴨神社へ野外撮影実習と
なりました。次回は、6月8日(日)遅れて参加された方を対象に
技術面の補講を行います。第44回目のセミナー&ゼミは、
6月15日(日)にあります。


第44回セミナーとゼミ  2008.6.15

・6月15日(日)午後1時からギャラリーDOTで第44回目のセミナー
&ゼミが行われました。前回に引き続き各自の新作を並べて技術、
内容、両面からのアドバイスを受け、意見交換を行いました。
後半のゼミでは、「テーマ」を考えていく上で、国内外の先達の
写真集を参考に作品の軌跡を検証しました。次回は6月29日(日)
テクニカルレクチャー、ライティングの基礎実習があります。


第3回テクニカル講座  2008.6.29

・6月29日(日)午後1時から第3回目のテクニカルレクチャーが
行われました。この日はレフランプ1灯〜2灯、反射板などを
工夫してライティングの基本を学びました。その後、さまざまな
質感の小物を並べて物撮りに挑戦、各自が自宅でも工夫次第で
撮影可能なノウハウを身につけました。
次回は、7月6日(日)セミナー&ゼミがあります。


第45回セミナーとゼミ  2008.7.6

・7月6日(日)蒸し暑い中、午後1時から第45回目のセミナー&ゼミが
ギャラリーDOTで行われました。この日は前回に引き続き各自の新作を並べて意見交換をしました。各自の個性がだんだん際立ってくる中で、いよいよ「テーマを発見」していく段階になりました。
自分および人の写真を編集することによって、撮った段階から時間を
おいて「見る」訓練が必要になります。考えすぎると撮れなくなる・・・テーマが必要でない写真もある・・・難しいことですが、
投げ出さずに頑張りましょう!
次回は、7月20日テクニカル(フイルム現像)をやります。


第4回テクニカル講座  2008.7.20

・7月20日(日)猛暑の中、午後1時から第4回目の
テクニカルレクチャーがギャラリーDOTで行われました。
この日は、各自が撮影してきた白黒フイルムの現像実習です。
備品の説明から現像液作りとはじまってリールの巻き方、すべて
一から体験しました。全員初体験の作業を少し緊張しながらも、
無事フイルム現像を仕上げました。来月には暗室作業で紙焼きを
初体験します〜どんな上がりになるでしょうか?楽しみです!
次回は7月27日セミナー&ゼミが行われます。


第46回セミナーとゼミ  2008.7.27

・7月27日(日)午後1時から第46回目のセミナー&ゼミが
行われました。この日は、各自の新作を並べて内容面を中心に意見
交換を行いました。「テーマ発見」を念頭に前回に引きつづき編集作業を行い、自分の写真だけでなく人の写真を編集する作業も体験しました。午後6時からは鴨川沿いの居酒屋へ場所を変えて和やかに親睦会が
持たれました。
次回は8月10日(日)午後3時から暗室実習が予定されています。


第5回テクニカル講座  2008.8.10

・8月10日(日)午後3時から第5回目のテクニカルレクチャーが
ギャラリーDOTで行われました。まだまだ暑い中ですが、この日は
この前現像した白黒フイルムを使って、暗室実習を学習しました。
興味があれば自宅でも出来るようにと暗室の設定から液の作り方、
すべて一から体験しました。神経を使う作業ですが、緊張しながらも
現像液の中から像が浮かび上がると、疲れも忘れて笑みがこぼれます。
3クール目になると各自一人でこなすことが出来、あっと言う間に
時間が流れました。お疲れさまでした。
次回は8月24日(日)セミナー&ゼミが予定されています。


第47回セミナーとゼミ  2008.8.24

・8月24日(日)午後1時から第47回目のセミナーと引きつづき
ゼミがギャラリーDOTで行われました。この日は猛暑が去って
急に涼しくなり、みんな集中力を出して学習できました。
各自の新作を一同に並べて、人の写真も「テーマ」を念頭に検証
しました。上半期も後わずか、それぞれ個性が際立ってきて「テーマ」
も絞られてきましたね。今後の撮影は、それを更に完成の方向へ
深めていくことになります。次回の9月7日(日)テクニカル
レクチャーは、大型カメラの操作と撮影実習があります。


第6回テクニカル講座  2008.9.7

・9月7日(日)午後1時から第6回目のテクニカル講座が
行われました。この日は大型カメラ(4×5インチ)の撮影実習です。
カメラ構造の解説にはじまって、撮影手順、シートフイルムの入れ方と
各自練習した後で、機材を担いで鴨川の河原へ撮影に出向きました。
川風にふかれながら秋晴れの中、モデルさんを配して撮影しました。
みんな初めての経験で緊張しながらも楽しい実習となりました。
フイルムが上がってくるのが楽しみです!
次回は9月14日(日)セミナー&ゼミが行われます。


第48回セミナーとゼミ  2008.9.14

・9月14日(日)午後1時からギャラリーDOTで第48回目の
セミナーが行われました。各自持参の新作を一同に並べて、「テーマ」
を念頭に意見交換を行いました。引きつづきのゼミは今や伝説の
「プロボーグ」の膨大な資料を参考に1968年代写真の動向を
検証しました。次回は10月5日(日)第7回目のテクニカル
レクチャーが予定されています。


第7回テクニカル講座  2008.10.5

・10月5日(日)午後1時から第7回目のテクニカルレクチャーが
行われました。この日は、過去に開催された大規模な写真展資料等を
参考に海外の写真史を学習しました。1839年から約50年ごとに
区切って動向を検証、時間的にざっくりとした内容ですが各50年間を
更に深く検証するのも興味があれば遣り甲斐のある研究です。
そう言った知識を今にどう生かすかが、各自にとって今後の課題です。
次回は10月12日(日)セミナー&ゼミが行われます。


第49回セミナーとゼミ  2008.10.12

・ 10月12日(日)午後1時から第49回目のセミナー&ゼミが
行われました。各自のテーマが、かなり明確になってきたようです。
整理された状態の写真を全員一同に並べて意見交換を行いました。
人の写真もしっかり見て、感想を言うことは見る目を養う上で
大切なことです。PS. 昨日、新風館で開催された
「京都学生祭ー写真展」に二人の方が出展しました!
次回は11月2日(日)毎年恒例の石川大恵氏レクチャーがあります。


第8回特別レクチャー  2008.11.2

・11月2日(日)午後1時から第8回目テクニカルレクチャーが
行われました。この日はセオリーアドバイザーの石川大恵さん
(僧侶、現代美術作家)をお招きして、毎年恒例の特別レクチャーが
もたれました。「現代美術の動向と写真の関わり」についてが
テーマで1970年代、サンフランシスコ・アートインスティチュートで
映画を専攻されていた石川氏は、まさにコンテンポラリーの生字引、
盛り沢山面白いお話が伺えました。
次回は11月16日(日)セミナー&ゼミが行われます。


第50回セミナーとゼミ  2008.11.16

・11月16日(日)午後1時から第50回目のセミナーと引きつづき
ゼミが持たれました。この日は来期からの入学者も見学を兼ねて参加、
セミナーは各自の写真を一同に並べて意見交換を行いました。
テーマ性が明確になってくる中で、各自の個性が際立ってきました。
ゼミは1945年から「現代日本写真の特徴」を年代を追って検証
しました。さらにテーマを掘り下げていく上で、現代の社会構造を
マトリックス化して、個人がおかれている状況と今後の可能性を
考察しました。
次回、12月14日第9回目のレクチャーは、写真専門ギャラリーとは?
プレゼンテェーションの仕方etc.について行われます。


第9回テクニカルレクチャー  2008.12.14

・12月14日(日)午後1時から年内最後の第9回目のテクニカル
レクチャーが行われました。この日はギャラリーDOT岡田担当で、
「写真専門ギャラリーとは何か?」をDOT28年間の歩みとともに
お話をし、続いて「個展をするに当ってのノウハウと
プレゼンテェーションの仕方について」解説しました。
美術館や専門ギャラリーへ銀塩写真を持ち込む場合に重要な
フォトフォリオ(ポートフォリオ)の見本を見せて作り方を説明
しました。専門性の高い内容ですが、銀塩写真において正式な国際的に
通用するノウハウです。昨今のデジタル化の中で、今後、
考えていかなければならない面も続出、みんなで意見交換しました。
次回は12月21日、セミナー&ゼミが行われます。


第51回セミナーとゼミ  2008.12.21

・12月21日(日)午後1時から年内最後のセミナーと引きつづき
ゼミが行われました。セミナーは開講以来通じて早51回目となります。
この日は各自のテーマに沿って、まとめの編集作業となりました。
引きつづきのゼミでは、ネット環境を生かして今後どういった
コミュニティー作りや表現活動が可能か・・・?
意見交換をしながら検討しました。
授業の後は和やかに忘年会で今年は締め括りとなりました。
来年1月11日(日)再度のフイルム現像と暗室実習が行われます.。


第10回テクニカルレクチャー  2009.1.11

・2009年最初のワークショップが、1月11日(日)午後1時から
ギャラリーDOTで行われました。この日は第二回目の現像実習です。
各自が撮ってきた白黒フイルムを現像をして、午後4時ごろから
暗室実習をこなしました。前回の内容を覚えている人もいない人も、
印画表現を時間の経つのも忘れて順番に楽しみました。
固定の暗室ではないので、作業場所の設定から全て一からやりますので
今後やる気になった人は、各自の家で工夫して実現可能です。
次回は1月25日(日)セミナー&ゼミが行われます。


第52回セミナーとゼミ  2009.1.25

・1月25日(日)午後1時から第52回目のセミナー&ゼミが
行われました。今期もいよいよ最終段階となってきました。
まとめることに意識が行き過ぎて、初々しい最初のころの感情、
ワクワクドキドキ感を忘れていませんか・・・?
原点をここで再確認しましょう!
次回は、2月1日(日)フォトフォリオ制作実習が行われます。
只今4月からの入学者見学受け付けています!!!


第11回テクニカルレクチャー  2009.2.1

・2月1日(日)午後1時から第11回目のテクニカルレクチャーが
ギャラリーDOTで行われました。この日はギャラリーDOT岡田担当で
「プレゼンテーションの実習」です。 以前の暗室実習で各自焼いた
写真から二枚選んで、中性紙を使ってBOOKマットに仕上げ、
額装して飾るところまでやりました。オリジナル・プリントギャラリー
が培ってきた、プレゼンのためのノウハウを伝授しました。
最後に画廊に飾り付けをして、記念写真となりました。
常設展(2月6日〜18日)の間ご覧いただけます!!!
次回は2月8日セミナー&ゼミが行われます。


第53回セミナーとゼミ  2009.2.8

・いよいよ終盤になってきました。
2月8日(日)午後1時から第53回目のセミナー&ゼミが行われました。
今期も残すところ3月のみとなり、
各自一年間の成果はいかがでしょうか。
この日も各自まとまった写真を一同に並べて、
4月からの入学者も参加してもらって意見交換をしました。
次回は3月1日(日)いよいよ最終月です。
入学希望者は見学受け入れていますよ!!!


第12回テクニカルレクチャー  2009.3.1

・3月1日(日)午後1時から今期最後のテクニカルレクチャーが
行われました。総集編として、技術、内容、両面について質問を
受け意見交換をしました。
各自が改めて内容面へのこだわりと追求の必要性を痛感したようです。
一年間を通して、そこに目覚めたことは大きな収穫です。
次回は3月15日(日)最終日の授業があります。


第54回セミナーとゼミ  2009.3.15

・ 3月15日(日)午後1時から第54回目セミナー&ゼミが
行われました。今期最後の授業で総まとめの日です。
DOTスペースでの個展を仮想して、各自の写真を編集しました。
その後、各自、今後の抱負を述べて終了しました。
夕方からは、卒業宴会にくり出しました。
長いようでいてあっと言う間の一年間、みなさま〜お疲れさまでした。
次回は4月12日(日)入学式と最初の授業があります。