●2004年11月-2006年3月
●2006年4月-2007年3月
●2007年4月-2008年3月
●2008年4月-2009年3月
●2009年4月-2010年3月
●2010年4月-2011年3月
●2011年4月-2012年3月
●2012年4月-2013年3月

・1984年に「フォトハウス京都」が設立され、
1985年〜1992年までギャラリーDOTでは
フォトハウスワークショップの事務局を担当してきました。
その主な目的は技術面を中心に若手写真家の育成でした。
それから約20年の歳月が過ぎ、その成果をふまえた上で
更に幅広いカリキュラムのもと、「フォトハウス京都」と
共催 にて2005年4月から写真学校「写真ワークショップ京都」を
開校いたします。
デジタル時代の昨今、改めて自分にとっての
写真表現を勉強してみませんか?
詳しくは京都写真学校の写真ワークショップ京都ホームページ
http://ecoli.web.fc2.com/index.html
をご覧下さい。

特別ゼミのお知らせ(終了)
2010年1月31日(日)
午前10:00〜午後6:00
テリー・キング(Terry King)氏
http://www.hands-on-pictures.com/
によるブロムオイルプリント制作ワークショップ
会場:京都写真学校(ギャラリーDOT内)
定員:10名
参加費:20,000円
先着払込順10名限り
通訳:里 博文氏

2010年、ギャラリーDOT30周年記念イベント第一弾として、
1月31日(日)10時から18時、日本初公開、Terry King氏
(英国の古典技法の権威)をお迎えして、古典技法
(ブロムオイルプリント)の実習をギャラリーDOTで行いました。
9名参加、通訳兼、アシスタントは里博文氏(大阪芸大准教授)に
お願いしました。もちろん皆さん初体験、苦労しながらも最後は
画像が浮かび上がり大喜び!
和やかな時間が、あっという間に過ぎました。
京都写真学校では今年、別な種類の「古典技法」第二弾を
開催する運びでいます。


第1回テクニカル講座  2009.4.12

・4月12日(日)午後1時から2009年度「京都写真学校」が新学期を
迎えました。まずは入学式のごあいさつ、顔合わせをかねて自己紹介、
一年間のガイダンスと進みました。
そして、早速、第一回目のテクニカルレクチャーが行われました。
今期は定員一杯になったのでデジタル周辺機器も導入してより一層、
授業の質を高めました。この日は、基礎編となる「カメラの構造、
ピント、構図、露出」の勉強をしました。 初心者にとって、
何となく知っているようで、よく分かっていないのが基礎です。
みなさ〜ん 楽しみながら頑張っていきましょう!
次回は5月10日セミナー&ゼミが行われますーいよいよ、
みなさんの写真公開です。


第55回セミナーとゼミ  2009.5.10

・5月10日(日)午後1時から第55回目のセミナー&ゼミが行われ
ました。この日は初めてのセミナー、各自が今まで撮った写真を
データーの人はPCを使って、紙焼きの人は一同に並べてプレゼン
しながら意見交換を行いました。その後のゼミは今後、各自が
「テーマ」を発見していく上で必要となる現代社会の構造を分析し、
写真の置かれている位置づけを再確認する内容となりました。
次回は5月17日(日)第2回目のテクニカルレクチャーがあります。


Photo complex vol.1オープニングパティー 2009.5.16

・5月15日から5月27日までPhoto complex vol.1「京都写真学校、
卒業生と在校生の有志による写真展」が開催中です。
5月16日(土)午後5時からオープニング・パーティーが
もたれました。
各自2点出展、計13名の力作が只今展示されています。
詳しくは、DOTホームページの展覧会情報をご覧下さい!


第2回テクニカル講座  2009.5.10

・5月17日(日)午後2時から第2回目のテクニカルレクチャーが
行われました。
この日は小雨の中、野外撮影実習が下鴨神社でもたれました。
先だって学習した「露出」についての実践学習です。
ギャラリーDOTに戻ってからは早速、各自のデーターを確認する事が
出来、今やデジタル環境ゆえ、直ぐにそれが可能となりました。
露出については、実践で体得していくことが一番です。
画廊内には、卒業生の写真が展示中で、良い参考例にもなりました。
次回は5月31日(日)特別講師、里先生のレクチャーが
予定されています。


特別講座  2009.5.31

・5月31日(日)午後1時から写真家、里博文さん
(テクニカル・アドバイザー)をお迎えして、
特別講座がギャラリーDOTで行われました。
この日の内容は「サイアノ・プリント」の制作実習です。
サイアノタイプ・プリントとは何か?
実物を見ながら具体的に液の作り方から説明を受けました。
その後、種々の紙に刷毛塗りで印画紙を作り、ネガフイルムの
代わりに小物を重ねて、太陽光や紫外線照射装置を用いて露光、
水洗と同時に画像が浮かび上がる。
みんな熱心に、時間を忘れて作業が続きました。
さらに里さんにより開発されたインクジェットプリンターを使っての
「サイアノ・プリント」までレクチャーを受けました。
興味ある人は更に試行錯誤の上、この技法を取り入れて表現の
可能性を広げる事が出来ます。
次回は6月7日(日)セミナー&ゼミが行われます。


第56回セミナーとゼミ  2009.6.7

・6月7日(日)午後1時から第56回目のセミナーが行われました。
新入生にとっては二回目の写真公開です。OBの参加者も交えて、
意見交換を行いながら、技術、内容、両面から厳しくも丁寧な
アドバイスを受けました。それを糧として撮影に取り組んでください
一次回公開が楽しみです。
引きつづきのゼミは参考資料をモニターで見ながら、
心理学の面から自己探求、自己実現について学習しました。
今は良く分からないかもしれませんが、
表現を追求していく上で重要となってきます。
次回は6月14日(日)引きつづきセミナー&ゼミが行われます。


第57回セミナーとゼミ  2009.6.14

・6月14日(日)午後1時から第57回目セミナー、その後ゼミが
行われました。各自の個性が徐々に際立ってきましたね〜
順番にモニターを使ってプレゼンしながら、アドバイスを受け
意見交換を行いました。人の写真を視ることも重要な訓練です。
午後5時からのゼミは、前回学習した「社会の構造、個人の構造」
といった講義を踏まえ「表現とは」という問題と、「表現行為とは」
という問題を考えてみました。
後半では、「写真の歴史概論」を資料を見ながら学習しました。
次回は7月5日(日)テクニカルレクチャーが行われます。


第4回テクニカル講座  2009.7.5

・7月5日(日)午後1時から第4回目のテクニカルレクチャーが
行われました。 この日は、鳴戸さん(スタッフ)担当で
デジタルカメラを使って「ピンホールカメラ」を作り、
露光をいろいろ変えて実験をし、その後、鴨川の河原へ出向いて
撮影実習を行いました。 戻ってから、早速モニターで各自の映像を
確認して意見交換を行いました。 後半は中川さんから
「ゾーンシステム概論」について解説を受け学習しました。
次回は7月19日(日)セミナー&ゼミが行われます。


第58回セミナーとゼミ  2009.7.19

・7月19日(日)午後1時から第58回目のセミナー&ゼミが
行われました。未だ梅雨明け前の蒸し暑い日でしたが、
遠方からOBの参加者も交えて新作データーを持ち寄り、各自順番に
プレゼンテーションしました。新入生にとっては4回目のセミナー、
ぼちぼち各自の個性が際立ってきました。そこで、これからの課題、
「テーマを発見」して取り組んでいく段階に入ってきました。
後半のゼミは、「写真通史1」、写真機発明から世界の代表的な
写真作品をモニターで見ながら解説を受けました。
次回は8月2日(日)テクニカルレクチャーが行われます。


第5回テクニカル講座  2009.8.2

・8月2日(日)午後1時から第5回目のテクニカルレクチャーが
ギャラリーDOTで行われました。
この日は、まずは各自持参の小物を使ってのテーブルトップ、
人工光によるライティング実習をしました。
レフランプ一灯から二灯を使っての基礎学習です。撮影後、
すぐにモニターを見て自分のイメージを確認しました。
一通り実習した跡で順番にモデルになってポートレイト撮影を
こなしました。暑い日の暑い撮影実習でしたが、みなさん和やかに
楽しいテクニカル講座となりました。
次回は8月23日(日)セミナー&ゼミが行われます。


第59回セミナーとゼミ  2009.8.23

・8月23日(日)午後1時からお盆明け第59回目のセミナー&ゼミが
行われました。まずは、新作を順番にモニターを使ってプレゼンし、
意見交換を行いました。各自の個性が際立ってきた中、「表現とは
何ぞや?」と言う壁にぶつかってきますね。引き続きのゼミはモニター
資料と過去の美術館等の資料を見ながら表現について考察しました。
次回は9月6日(日)テクニカルレクチャーが予定されています。


第6回テクニカル講座  2009.9.6

・9月6日(日)午後1時から第6回目のテクニカルレクチャーが
ギャラリーDOTで行われました。この日は、大型カメラ(4×5インチ)
の使い方実習です。フイルムの詰め方からはじめて、カメラ操作を
順番にこなしました。普段デジタルカメラで撮影している生徒さんに
とっては、もちろん初体験のこと皆さん興味津々、何度かやるうちに手順を習得、楽しみながらの実習となりました。その後は、前回やった室内ライティング実習、テーブルトップ撮影を復習しました。
次回は、9月12日(土)午後1時から通信生のスクーリングがあり、
9月13日(日)午後1時からセミナー&ゼミが行われます。


第60回セミナーとゼミ  2009.9.13

・9月13日(日)午後1時から上半期最後でもあり、開校以来通しで
早60回目となるセミナーが行われました。この日は遠方から卒業生の
参加もあり、各自新作を順番にプレゼンしました。
卒業生は絞りきった「テーマ」をさらに深めた段階へ来ていますね〜
今期の生徒さんたちにとって刺激になったのではないでしょうか。
後半のゼミでは、撮影済みのフォルダ管理の仕方について意見交換を
行いました。その後、フォルダを使って自分の思考をマトリスク化
していく方法を学習しました。漠然とテーマを探っていても混乱して
なかなか難しいことです。こういった方法を取り入れて「テーマを
発見」していくのもひとつのやり方です。
次回は10月4日(日)テクニカルレクチャー(現像実習)があります。


第7回テクニカル講座  2009.10.4

・10月4日(日)午後1時から第7回テクニカルレクチャーが
ギャラリーDOTで行われました。この日は午後7時までかかって、
白黒フイルム現像から紙焼き実習までこなしました。
参加者みなさん初体験、緊張とワクワク感の作業、あっと言う間に
時間が経ちました。デジタルの渦中、今回のアナログ実習を生かして
いく方は、ほとんどないでしょうが今後、精緻なオリジナルプリントを
鑑賞する時に、今までとは一味違った見方が出来るかもしれませんね。
次回は10月11日(日)セミナー&ゼミが予定されています。


第61回セミナーとゼミ  2009.10.11

・10月11日(日)午後1時から第61回目のセミナーが行われました。
9月で上半期を終了し、今日から下半期の学習内容に入ります。
各自のテーマが絞られてきた中での更なる飛躍が求められますね。
順番にネット環境を使ってプレゼンテーションをこなしました。
後半のゼミでは、テーマを探っていくうちに各自が持ち出した疑問や
問題点について意見交換を行いました。この日は5時半から場所を
変えて続きのディスカッションをしながら飲み会となりました。
次回11月1日(日)は石川大恵さんをお迎えしての講座が
予定されています。


第8回テクニカル講座  2009.11.1

・京都写真学校では、1年制の総合ゼミコースを開講しています。
この総合ゼミの11月期テクニカルレクチャーのテーマは
「現代美術と写真」講師は、セオリーアドバイザーの石川大恵氏。
現職僧侶の石川大恵氏は、アメリカで映画を学ばれたアーティスト。
今回は、現代美術という枠にとらわれない内容です。
アートの枠組み宗教の枠組みのなかで、そのこころを説かれました。
(文・中川)


第62回セミナーとゼミ  2009.11.08

・さて、写真セミナーもう12月の開催予告です。
第63回目の写真セミナーは、12月6日(日)午後1時から3時開催。
場所は、京都下鴨にあるギャラリー・DOTです。
京都写真学校の月一回定例の写真セミナーも6年目を迎えています。
参加者が持ち寄った写真を、相互批評する場です。
一回単位で参加できる京都写真学校の写真セミナー。
自分の撮った写真を、人に見せて批評がほしいとお思いの方。
写真制作のステップアップを図りたいとお考えの方。
ぜひ、一度お問い合わせください。(文・中川)


第9回テクニカル講座  2009.12.6

・12月6日(日)午後1時から第9回目のテクニカルレクチャーが
行われました。早いもので年内最後のテクレクです。
(DOT岡田)担当で、この日のテーマはDOT29年間の歩みを通して、
下記の内容で行われました。
1「写真専門ギャラリーとは何か?」
2「フォトギャラリーへのプレゼンテェ−ションの仕方」
3「フォトフォリオの重要性と解説」
順を追ってのレクチャーとなりました。
次回は12月27日(日)年内最後のセミナー&ゼミがあります。


第63回セミナーとゼミ  2009.12.27
・12月27日(日)午後1時から2009年最後の第63回セミナーと
引き続きゼミがギャラリーDOTで行われました。
この日は卒業生も新作を持って参加、各自順番にモニターを
使ってプレゼンし、その後、意見交換となりました。
5時ごろから、ささやかな忘年会が持たれ、お開きとなりました。
来年は更なる飛躍を目指して楽しくがんばりましょう!

第10回テクニカル講座  2010.1.17

・2010年度、最初のワークショップが1月17日(日)午後1時から
行われました。この日は第10回目テクニカルレクチャーで、
技術面での再確認(復習)をしました。その後は、各自がさらに
「テーマ」を掘り下げていくにはどうすれば良いのか・・・?
芸術全般に目を向けて考察し、意見交換をしました。
次回は1月24日セミナー&ゼミが行われます。
2010年度4月からの新入生募集中、只今、
面談&見学受け付けています!


第64回セミナーとゼミ  2010.1.24

・2010年1月24日(日)午後1時から第64回目のセミナーが
行われました。この日は卒業生と4月からの新入生も参加して、
各自、写真をプレゼンして、にぎやかな意見交換となりました。
引き続きのゼミは、代表的な写真作品を見ながら世界の写真史を
復習しました。次回のテクニカルは2月14日、フォトフォリオ
制作実習です。1月31日(日)は、Terry Kingさんを招いて
特別ゼミ(ブロムオイルプリント実技)があります。


第11回テクニカル講座ミ  20102.14

・ 2月14日(日)午後1時から第11回目のテクニカルレクチャーが
行われました。この日は、卒業を控えて最後のテクニカル授業、
ギャラリーDOT岡田を講師に、フォトフォリオ加工実習から額装まで
を習得、最後は画廊に展示しました。この内容は、写真専門
ギャラリーのみが持つ国際的基準のノウハウです。
この学校では、今後、写真展をする場合に役立つよう手ほどきします。
各自、暗室実習で焼いた写真を持参、BOOKマット加工を実習、
それを額装、展示までこなしました。3月まで卒業制作展示です。
次回は、2月21日セミナー&ゼミがあります。いよいよ卒業が
迫ってきました。ただ今、4月からの入学希望者の募集をしています!
見学受け付けています。


第65回セミナーとゼミ  2010.2.21

・2月21日(日)午後1時から第65回目のセミナー&ゼミが
行われました。この日は、OB参加者も交えて順番にプレゼンをし、
意見交換となりました。卒業生は、すでに「テーマ」が絞られて、
個展も可能な内容になってきています。
今期の生徒さんも刺激を受けて、いよいよ終盤がんばりましょう!
次回は3月7日卒業に向けての授業があります。


第12回テクニカル講座  2010.3.7

・3月7日(日)午後1時から第12回目テクニカル、最後の授業が
行われました。卒業制作も終えて、全体的な総復習です。
今期の生徒さんの内4名は、4月のグループ展「Photo complex VOL.2」に参加します。その作品選びもかねて、今後、各自の「メインテーマ」となりそうな写真を再確認することが出来ました。
次回はいよいよ最後、3月14日セミナー&ゼミ、締めくくりの授業が
あります。ただ今、2010年度4月からの入学生募集中!見学、
面談受け付けています!


第66回セミナーとゼミ  2010.3.14

・3月14日(日)午後1時から今期最後の授業が行われました。
いよいよ卒業です。一年間勉強して「何となく撮らされていた写真」
から「自分が拘って撮る写真」へと変化をしてきました。
一年では順調に行って、まずはここまで作家を目指すには
ここからがスタートです。
この学校は二年目、三年目と研究科を受け入れています。
また、卒業後も単発セミナーに写真持参で参加可能です。
根気のいることですが、皆さんがんばって欲しいものです。
この日は、卒業式後、場所を変えて懇親会をしました。
OBの参加もあり12名の和やかな宴となりました。