●2004年11月-2006年3月
●2006年4月-2007年3月
●2007年4月-2008年3月
●2008年4月-2009年3月
●2009年4月-2010年3月
●2010年4月-2011年3月
●2011年4月-2012年3月
●2012年4月-2013年3月

・1984年に「フォトハウス京都」が設立され、
1985年〜1992年までギャラリーDOTでは
フォトハウスワークショップの事務局を担当してきました。
その主な目的は技術面を中心に若手写真家の育成でした。
それから約20年の歳月が過ぎ、その成果をふまえた上で
更に幅広いカリキュラムのもと、「フォトハウス京都」と
共催 にて2005年4月から写真学校「写真ワークショップ京都」を
開校いたします。
デジタル時代の昨今、改めて自分にとっての
写真表現を勉強してみませんか?
詳しくは京都写真学校の写真ワークショップ京都ホームページ
http://www.eonet.ne.jp/~eo-coli/index.html
をご覧下さい。


第1回テクニカル講座  2010.4.4

・2010年4月4日(日)午後1時から「京都写真学校」第6期入学式
です。開校以来早6年目、今期は5名でスタート、全員20代の若者
ばかりです。この学校のコンセプト、これからのカリキュラム解説、
各自の自己紹介と終え、早速授業開始です。
第一回目のテクニカルレクチャーに入る前に、まずは写真が
発明されたころの資料(モニターと印刷物)を参考に、絵画から
写真への変遷を学習しました。その後、さまざまなカメラを分解して
仕組みを学習、ピント、構図まで学習しました。
初日から盛り沢山で、大変そうと思われたでしょうが、基礎から
焦らずじっくり学んでいきましょう。
次回は4月11日第67回目セミナー&ゼミが行われます。


第67回セミナーとゼミ  2010.4.11

・4月11日(日)午後1時から第67回目セミナー&ゼミが
行われました。この日は、今期最初のセミナーですから各自
今まで撮った写真を沢山持参しました。
もちろん整理編集されていない内容ですから、技術内容両面から
マンツーマンの指導が時間をかけて行われました。
まずは基礎を習得した上で、各自の個性を生かしていく方向での
アドバイスが模索されます。
みなさんは沢山撮影すること、それしかありません。
次回は5月9日テクニカルレクチャーが予定されています。


第2回テクニカル講座  2010.5.9

・5月9日(日)午後1時から第2回目のテクニカルレクチャーが
行われました。この日は、OBの竹内豊さんを講師に招いての実習です。
まずは露出の説明を受け、その後、撮影実習で府立植物園へ出向き
ました。露出の勉強の成果は、戻ってきてからモニターで各自検証
しました。デジカメになってからは、すぐに確認作業に取り掛かれる
ので分かりやすいですね。今後の撮影に有効に生かせることを願って、みなさんお疲れ様でした。


第68回セミナーとゼミ  2010.5.30

・その後、2名の追加入学者をお迎えして、5月23日(日)4月分
授業内容を補講しました。今年度は20代の若者7名となりました。
これから1年間楽しくがんばりましょう。5月30日(日)午後1時
からは、今期2回目(通算68回目)のセミナーが行われました。
この日は、新入生に加えて3名(OB)の参加もあり、賑やかな
授業となりました。各自順番にPCモニターを使ってプレゼンをし、
意見交換となりました。卒業生の内容は、ますます個性が際立って
まとまってきています。新入生にとっては、いい刺激になったのでは
ないでしょうか。その後のゼミは、表現者(作家)を取り巻く社会
構造を分析解説しました。今は難しくて良く分からなかったかも
しれませんが、後半、各自がテーマを探っていく中で生きてくる
内容です。次回、6月6日テクニカルレクチャーは里博文さん
(テクニカルアドバイザー)をお迎えして、古典技法「サイアノ実習」
が行われます。


研究会コース  2010.6.2

・6月2日(水)午後5時から午後7時まで「研究会コース」が
ギャラリーDOTでスタートしました。
今期初めての試みで、熱心な卒業生から声が上り夕方から開始します。
ワンステップ上の内容となり、少人数で各自の写真内容を深く
検証する場となりそうです。
期日は不定期ですが、水曜日と決まり、参加費は\2,000です。
次回は7月28日(水)午後5時からの予定です。


第3回テクニカル講座  2010.6.6

・6月6日(日)午後1時から、テクニカル・アドバイザー里博文さん
(大阪芸大准教授)をお迎えして、第3回目のテクニカルレクチャーが
ギャラリーDOTで行われました。
この日は、前年に引き続き古典技法「サイアノ・プリント」実習です。
去年よりバリエーション(応用)が広がって、ステップアップした
内容となりました。印画紙作りから初めて、まるで化学実験のような面白さに皆さん失敗しながらも、和やかに作業が進み最終的に成功 〜
初体験を楽しみました。様々な「古典技法」を今後、作家レベルまで
完成出来るような体制作りを考えていくつもりです。
次回は、6月13日セミナー&ゼミが行われます。


第69回セミナーとゼミ  2010.6.13

・6月13日(日)午後1時から通算69回目となるセミナーが行われました。
この日は現在東京でがんばっている卒業生も参加して、各自プレゼン
をし、意見交換、技術、内容、両面から指導を受けました。
休憩後のゼミは、今後各自が「テーマを発見」していく上で、
基礎知識となる戦後の美術史と写真史との関わりを学習しました。
次回は6月27日補講があり、7月4日テクニカル(ピンホールカメラ
実習)が行われます。


第4回テクニカル講座  2010.7.4

・7月4日(日)午後1時から第4回テクニカルレクチャーが
行われました。この日は、OBの鳴戸浩さんを講師に「ピンホール・
カメラ実習」をしました。各自持参の箱で一枚撮りのピンホール
カメラを工作し、屋外撮影、暗室でのネガ作り、そのネガを使って
最終仕上げの紙焼きまでこなしました。みんな初めての体験にワクワク
どきどき、あっという間に6時になってしまいました。
フル回転の実習でしたが、全員成功!ピンホール印画が完成しました。
次回は7月11日セミナー&ゼミが行われます。
暑い最中ですが、卒業生の方も新作持参でセミナー参加してください!


第70回セミナーとゼミ  2010.7.11

・7月11日(日)午後1時から通算70回目となるセミナーが行われ
ました。卒業生3人の参加もあり、順番にプレゼンをして意見交換と
なりました。新入生はまだまだ技術面の指導が必要ですが、
さすがOBの作品はコンセプト中心の意見交換になります。
後半のゼミは、いよいよ写真の歴史に入ってきました。
写真誕生以来の歴史を学習した上で、今現在の立ち位置を考えてみま
しょう。今後、各自のテーマを探っていく中で参考になる内容です。
7月21日(水)5時から研究コース2回目がもたれます。
8月1日(日)テクニカルレクチャーが行われます。


第5回テクニカル講座  2010.8.1

・ 8月1日(日)午後1時から猛暑の中、まずは、先だっての手作り
ピンホールカメラ実習を思い返して、本物の大型カメラ(4×5)の
構造および操作の手順を学習しました。その後、第5回目のテクニカル
はテーブルトップ撮影実習が行われました。人口光一灯と二灯の使い
分け、レフ版の操作などの手ほどきを受け各自お気に入りの小物撮影
に取り組みました。暑い日に暑い実習となりましたが、集中力を
切らさず最後までやり通しました。
次回は8月8日(日)セミナー&ゼミが行われます。


第71回セミナーとゼミ  2010.8.8

・ 8月8日(日)午後1時から相変わらず猛暑でしたが、第71回目の
セミナーが行われました。この学校は年間24講開催で夏休みは
ありません。みなさん暑い最中ですが、休まず楽しみながら
頑張りましょう!この日は、参加者が少なかったので、まさに各人に
合わせたマンツーマン授業となりました。集中的にアドバイスを
受けるのは大変ですが、値打ち大いにありですね。
先日の人口光を使ったテーブルトップ撮影の結果を公表、他の新作も
プレゼンして意見交換をしました。後半のゼミは世界と日本の写真の
変遷をたどりながら、アート写真とドキュメント写真について学習
しました。次回は9月5日鳴戸講師担当でテクニカル(フイルム現像、
暗室実習)が行われます。


第6回テクニカル講座  2010.9.5

・ 9月5日(日)午後1時から残暑厳しい中、第6回目のテクニカル
レクチャーが行われました。この日は、講師に鳴戸浩さんを
お迎えして、フイルム現像、暗室実習を体験しました。もちろん皆さん
初体験で、フイルムカメラを使ったことがない生徒さんもいます。
でも、手探り状態、失敗もしながら、最終的に白黒印画が完成しま
した。アナログ実習は、体験すると手間隙いりますが楽しいものです。
ただ、デジタルの流れの中で、アナログを今後体得していくことは
相当な覚悟が要ります。ほとんどの人が二度とやることがないでしょう。ただ、今後、ファインプリントを前にした時に視方に幅が出来れば
幸いです。次回は9月8日に「写真研究会」が行われ10月3日に
野外撮影会が予定されています。


第72回セミナーとゼミ  2010.9.12

・ 9月12日(日)午後1時から、またもや暑さがぶり返した日
でしたが、第72回目のセミナーと後半のゼミがギャラリーDOTで
行われました。この日はお忙しい中、見学にお越しくださった
元新聞記者さんの先達を囲んでのめったにないセミナーとなりました。専門分野で鍛え上げた大先輩に各自プレゼンして、緊張しながら
アドバイスを受けました。今後、このような形態も可能な限り実践
できるよう考えて行きたいです。後半のゼミでは、時代別に代表的
作家の創作活動を学習した上で、今を生きる自分たちが写真表現に
取り組むには方法論の面で何が可能か?簡単に答えが出せないよう
ですが・・・テーマ発見と並行して考えていきましょう。
次回は、10月3日野外撮影実習が行われます。


第7回テクニカル講座  2010.10.3

・10月3日(日)午後1時から、再度、野外撮影実習が行われました。
曇天の小雨模様でしたが植物園へ出向き、露出の再確認をしました。
帰ってからは、モニターで各自の写真を検証し、技術面を中心に
意見交換となりました。
次回は、10月24日(日)セミナー&ゼミが行われます。


第73回セミナーとゼミ  2010.10.24

・10月24日(日)午後1時から第73回目のセミナーと引き続きゼミが行われました。順番にモニターを使って新作を発表し、意見交換を
しました。この日は、趣向を変え5時半ごろから引き続きの授業は
飲み屋さんで行われました。開講から半年以上が経ち、みなさん
親しみも増し、護午後9時ごろまで和やかに会話が弾みました。
次回は11月14日(日)石川大恵さんをお迎えして「特別レクチャー」が予定されています。


特別ゼミ 2010.11.14

・11月14日(日)石川大恵さんをお迎えして年に一回恒例の
「特別ゼミ」が行われました。石川さんはお寺の住職で、
アーティスト活動もしておられます。20代のころはサンフランシスコ
美術学校で映画製作をやっておられ、70年代からの現代美術にも
詳しい方です。生徒さんたちに「写真ほんまに好き何なん?」と
言う問いかけに始まり、厳しくもざっくばらんなお話を伺う事が
出来ました。
次回は12月5日に開講されます。


第74回セミナーとゼミ  2010.12.5

・12月5日(日)1時から年内最後、第74回目のセミナーが
ギャラリーDOTで行われました。この日は、来年から入学予定の方も
見学参加して、各自新作をプレゼンしました。「テーマ」がかなり
見えてきた方、未だの方もいますが、率直に意見交換をしました。
後半のゼミは、創作活動を取り巻く社会及び文化環境について
学習しました。次回は12月26日、プレゼンテーションのノウハウに
ついて講義が行われます。


第8回テクニカル講座  2010.12.26

・12月26日(日)1時から年内最後の授業がありました。
この日は、「フォトギャラリーへのプレゼンテェーションの仕方」
についてギャラリーDOT岡田担当で行われました。
今年30周年を迎えたギャラリーの歩みを通して写真専門ギャラリー
とは何か?個展をするにあたってのノウハウとプレゼンテェーションの仕方について解説が行われました。国際的基準であった「フォトフォリオ」の説明に始まって、近年デジタル化のなかでのプレゼン
テェーションの仕方までアドバイスが行われました。授業のあとは、
ギャラリー内でOBも参加して和やかに忘年会がもたれました。
来年は、1月12日研究コースがあり、1月16日セミナー&ゼミが
予定されています。


研究会コース  2011.1.12

・1月12日(水)夜7時から二時間、卒業生対象の研究会が
ギャラリーDOTで行われました。更なるステップアップを目指し、
個展ができるまでの内容です。この日は寒い中、4人参加、
各自プレゼンをしながら意見交換をしました。
次回の研究会は3月16日に予定されています。


第75回セミナーとゼミ  2011.1.16

・1月16日(日)午後1時から年明け最初のワークショップが
行われました。この日は雪降る底冷えの中でしたが、
熱心な参加者があり、マンツーマンの手ほどきが出来ました。
次回は1月23日、写真史を中心の講義が予定されています。


第10回テクニカル講座  2011.1.23

・1月23日(日)1時から第10回目の授業が行われました。
いよいよ最終段階に入ってきました。
この日は「写真の歴史」を時代の節目ごと4段階に分けて、
モニター資料と写真集を参考に解説を受け学習しました。
次回は2月6日セミナーゼミが予定されています。


第76回セミナーとゼミ  2011.2.6

・2月6日(日)1時から第76回目のセミナーと引き続きゼミが
行われました。
セミナーは単発参加されているネパール出身の方も交えて、
各自モニターを使ってのプレゼンをし、みんなで意見交換と
なりました。
後半のゼミは、「ドキュメント写真について・・・」、
東松照明写真集「太陽の鉛筆」を見ながら学習しました。
次回は2月13日第77回目のセミナー&ゼミが予定されています。


第77回セミナーとゼミ  2011.2.13

・2月13日(日)午後1時から第77回目のセミナーと引き続きゼミが
行われました。静止画を連続編集した作品をプレゼンする生徒さんも
いて、動画のような見せ方が内容によっては、より有効なことも
学習しました。動画の生かし方等、みんなで意見交換しました。
後半のゼミでは、今もう一度「プロボーグ」について解説を受け、
各自の立ち位置を確認、検証しました。次回は2月27日テクニカル
「フォトフォリオ製作」実習が行われます。


第11回テクニカル講座  2011.2.27

・2月27日(日)午後1時から第12回目のテクニカルレクチャーが
ギャラリーDOTで行われました。この日はギャラリーDOT岡田担当で
「プレゼンテーション実習フォトフォリオ製作」です。各自持参の
写真を中性紙を使ってBOOKマットに仕上げ、額装して飾る
ところまでやりました。オリジナル・プリントギャラリーが培ってきた
プレゼンのための国際基準ノウハウを伝授しました。
最後に画廊に飾り付けをしました。写真は作業風景です。


第12回テクニカル講座  2011.3.6

・3月6日(日)午後1時から第12回目のテクニカルレクチャーが
行われました。いよいよ今期授業も終盤となり、この日は総括内容と
なりました。各自が今後、一年間学習したことをどのように生かして
いくかが課題です。次回はいよいよ卒業日、3月13日に行われます。


第78回セミナーとゼミ 2011.3.13

・3月13日(日)1時から第78回目のセミナー&ゼミが行われました。
この日は、今期の生徒さんにとっては最後の授業です。
各自の今後の展開(写真との関わり方)も含めて話し合いました。
その後、OB参加者も交えてささやかな卒業パーティーが和やかに
持たれました。
次回は3月16日(水)7時から研究コースが行われます。
只今、4月からの入学者募集中です!