きぼうのあさがお

「きぼうのあさがお」は障害者自立支援法に定められた就労継続支援B型事業所です。

就労継続支援事業B型とは

一般企業等での就労を希望しているが自信がない、長続きしないとういう方や、仕事をすることで社会的自立を目指したい方へ、働く場を提供するとともに、就労に必要な知識や能力の向上のための訓練を行う事業です。 雇用契約を結ぶA型に対して、B型は、雇用契約を結ばない形態での障害福祉サービスで、「きぼうのあさがお」は、このB型になります。

「きぼうのあさがお」の事業内容


[その1]

基板組み立てや味噌、おこわ、豆腐や豆乳の製造・販売が主たる作業内容です。
資源回収やメール便の配達、独居老人を対象としたお弁当の配食サービスも行っています。
現在は、避難所に毎食100食のお弁当の配食サービス(朝昼夜)を行っています。(7月末まで)

[その2]

作業収入から、原材料費、必要経費などを差し引いた工賃を支払います。
(時間給:100円〜300円。)
工賃アップを目指し、鋭意努力中です。

[その3]

訓練の結果、力のついてきた方や意欲のある方は、一般就労へ向けた相談・支援を行っています。

対象者

原則として精神障がい者その他の障がい者手帳をお持ちの方(お持ちでない方はご相談ください)で、
就労継続支援B型事業の利用が適していると市町村が判断し、障害福祉サービス受給者証の交付を受けた者。
(現在、相馬市、南相馬市、富岡町、双葉町、浪江町、大熊町、飯舘村の方が利用されています。)

利用料金

利用料金は、原則として国の定めた基準額を負担していただきます。
ただし、それぞれ上限額が定められており、 平成22年4月以降は、ほとんどの方の負担が無くなりました。

メニュー