東京都北区東田端 吉野デンタルクリニック インプラント

吉野デンタルクリニック ヘッダー画像

最新鋭歯科用CTを導入しました!

今まで見えなかったものが見える・・・

従来のレントゲン画像は平面像(二次元)でしたが、歯科用CT 画像は立体画像(三次元)で表すことが可能です。周病の現状や歯の根っこの形態、骨の状態など、お口の中をより細部まで正確に診断することができます。
画像は、診療室に備え付けられたモニターに映し出し、患者さまにもご確認いただくことが出来ます。
CTの活用
あごに埋まっている骨の診断
あごの中に埋まっている骨を立体的に診断することが出来ます。三次元の立体画像であらゆる方向から観察出来ます。また、自由に断面図を作成して診断することが出来ます。
あごの骨の診断
あごの骨も立体的に撮影することが出来ます。インプラントはあごの骨に埋めるので、埋める場所の骨がしっかりしているかどうか、的確に診断出来ます。
より安全で安心 確実なインプラント治療の達成
これらの情報は、インプラント治療において重要な診断材料になります。 インプラントの数、長さ、太さをあらゆる方向から診断して、適切な準備をすることが可能となりました。 治療の際には、神経などを避けて安全な位置、方向、深さを正確に意思決定することが出来ます。
より詳しい診断をご希望される方は、お気軽にスタッフまでお申し付けください。
copyright 2008 yoshino dental clinic.all rights reserved.