鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



浅草寺の二天門

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







浅草寺二天門


 浅草寺の二天門は、1649年(慶安2年)頃に、浅草寺の東門として建立されたものと考えられ、第二次世界大戦の戦火にも焼け残った貴重な建築物(重要文化財)。

 1618年(元和4年)に浅草寺境内に造営された東照宮の「随身門」として建立されたと伝えられていたため、江戸期までは豊岩間戸命(とよいわまどのみこと)・櫛岩間戸命(くしいわまどのみこと)の二神を安置し、「矢大神門」(やだいじんもん)と呼ばれていた。

 明治の神仏分離によってこの二神を廃して、鎌倉・鶴岡八幡宮の経蔵にあった二天を安置し「二天門」と改称されたというが、その像は、戦時中に修理先で焼失したという。

 現在安置されているのは、上野・寛永寺の徳川家綱の霊廟から移されたもの。

 「二天門」の扁額は最後の太政大臣三条実美(さんじょうさねとみ)の筆。 


浅草寺増長天
増長天
浅草寺持国天
持国天







浅草寺二天門手水鉢
手水鉢

 二天門前に置かれている手水鉢は、1777年(安永6年)のもので、消防組織「臨時連中」の寄付と考えられている。


東照宮の石橋
東照宮

 浅草寺の境内に造営された東照宮は、1642年(寛永19年)に焼失した後は再建されず、江戸城内の紅葉山に移された。

 境内には、二天門と影向堂前の石橋(しゃっきょう)だけが残されている。









浅草寺
浅草寺

 浅草寺は観音霊場として栄え、坂東三十三箇所の十三番札所となっている。
 観音信者だったという源頼朝も信仰し、平氏討滅祈願を行ったという。


東京都台東区浅草2丁目3番1号

東京メトロ銀座線・都営地下鉄浅草線・東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)「浅草駅」より徒歩5分



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索