鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



来 宮 神 社
〜熱海〜


岡戸事務所
編集:岡戸事務所







熱海:来宮神社


 来宮神社(きのみや)の創建年は不明。

 古くより来宮大明神と称され、来福・縁起の神として信仰されてきた。

 平安初期には坂上田村麻呂が戦勝を祈願し、各地に分霊を祀ったのだと伝えられている。

 祭神の五十猛命(いたけるのみこと)は、伊豆山の地主神・白道明神であるという説もある。

 樹齢2000年を超えるともいわれる大楠(おおくす)は、国の天然記念物に指定されている(樹高約26m、幹周り約24m)。


祭神

大己貴命(おおなもちのみこと)
五十猛命(いたけるのみこと)
日本武尊 (やまとたけるのみこと)





熱海:来宮神社大楠
大楠

 来宮神社は、江戸時代まで「木宮明神」と称され、木に宿る神を祀る社として信仰を集めてきた。

 祭神の五十猛命(いたけるのみこと)は木の神。

 大楠は本州一の巨樹といわれ、健康長寿・心願成就の御神木。

 幹を1週すると寿命が1年延命し、心に願いを秘めながら1周すると願い事が叶うのだという。

 毎年5月5日に大楠祭が執り行われている。


熱海:来宮神社神輿
鳳輦神輿

 伝えられている話では、710年(和銅3年)、熱海湾で漁師の網に神像がかかり引き上げられた。

 それを漁夫が麦こがし・百合根・橙・ところを供えて祀ると、夢の中に五十猛命(いたけるのみこと)が現れて、現在地に遷すよう告げたのだという。

 そのため、来宮神社の例大祭は「こがし祭り」と呼ばれ、麦こがしに触れ、食すると無病息災・身体健全になると伝えられている。

 例大祭は7月14日から16日。

 神幸祭では、42歳の男性が厄除を祈願し、神々を御鳳輦に乗せて浜降りをする。

 各所で奉納される鹿島踊(かしまおどり)は静岡県の無形民俗文化財。 



〜伊豆山神社の地主神とも。〜

日金山東光寺
日金山東光寺
伊豆山神社
伊豆山神社











熱海:来宮神社
来宮神社

静岡県熱海市西山町43−1

JR伊東線「来宮駅」から徒歩3分


熱海と源頼朝の伝説



〜熱海・頼朝MAP〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。


伊豆韮山
源頼朝の配流地
(伊豆韮山)

伊豆・箱根
伊豆・箱根の旅
(源頼朝・北条氏ゆかりの地)







鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索