鎌倉手帳(寺社散策)

江の島ヨットハーバー〜湘南港〜

岡戸事務所
編集:岡戸秀仁







江の島ヨットハーバー

 江の島のヨットハーバー(湘南港)は、1964年(昭和39年)に開催された東京オリンピックのヨット競技場として整備された。

 当時は日本初の競技用ハーバーとして建設されている。


江の島ヨットハーバー



江の島ヨットハーバー 江の島ヨットハーバー

さざえ島
さざえ島
江の島ヨットハーバー
ヨットハウス







〜オリンピック記念〜

1964オリンピック
オリンピックの碑
噴水池
噴水池

 湘南港に建てられたオリンピックの碑と、湘南港北側の緑地にあるオリンピック東京大会ヨット競技開催記念の噴水池。


江の島ヨットハーバー


2020東京オリンピック
=セーリング会場は江の島=

 2015年(平成27年)6月8日、国際オリンピック委員会理事会で、東京2020オリンピック競技大会のセーリング競技会場が江の島(湘南港)に決定。

 1964年(昭和39年)に開催された時は「ヨット」と呼ばれていた競技だが、2000年(平成12年)のシドニーオリンピックから「セーリング」と呼ばれている。 


2020東京オリンピック 2020東京オリンピック

2018セーリング
ワールドカップシリーズ江の島大会

2018年9月9日〜16日











江の島
江の島

 江の島は、砂が堆積して湘南海岸と島とが陸続きとなった陸繋島
 鎌倉時代には源頼朝が弁財天を勧請。
 江戸時代には、大山江の島の二所詣が流行し賑わった島。


江ノ電「江ノ島駅」から徒歩25分
小田急「片瀬江ノ島駅」から徒歩20分
湘南モノレール「湘南江ノ島駅」から徒歩27分



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

夏だ!休みだ!鎌倉だ! 鎌倉夏まつり
鎌倉の海水浴場 夏:江の島