鎌倉手帳(寺社散策)

秋の鎌倉 ヒガンバナ



江の島岩屋

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







江の島岩屋


 江の島の「岩屋」は波によって浸食されてできた洞窟。

 第一岩屋(奥行152m)と第二岩屋(奥行56m)の二つの洞窟から成るもので、江の島弁財天信仰の発祥地と考えられている。

 その昔、弘法大師日蓮が修行したといわれ、1182年(養和2年)には、源頼朝奥州平泉の藤原秀衡征伐を祈願した。その際、文覚が断食したというのがこの洞窟であったのかもしれない。

 鎌倉大楽寺(廃寺)の願行(京都泉涌寺第六世)は、ここで祈願し、伊勢原大山寺の鉄造不動明王像(国重文)を鋳造した。

 覚園寺にはその試作とされる不動明王像が安置され、「試みの不動」と呼ばれている。 



役小角
役小角

 「役行者本記」によれば、伊豆大島に流された役小角(えんのおづの)は、飛行術で江の島に飛来していたという。

 そして、江の島岩屋で最初に修行したのは役小角だという伝承があり、江島神社には自作という像が伝えられている。

 写真は、伊豆山神社役小角像


江の島岩屋・与謝野晶子歌碑
与謝野晶子歌碑
江の島岩屋
富士に通じる穴

江の島岩屋・日蓮
日蓮寝姿石
江島神社発祥の場所
江島神社発祥地

江島神社
江島神社
江島神社御神紋
北条時政の
龍神伝説


江ノ島と源頼朝と弁財天(okadoのブログ)






江の島岩屋・亀石
亀石
江の島岩屋龍神
龍神と雷太鼓

竜宮大神
竜宮大神
(第一岩屋の真上)
江の島龍恋の鐘
龍恋の鐘
(第二岩屋の真上)



べんてん丸
弁天丸

 江の島の入口(弁天橋の渡り口)から遊覧船を利用すると、約10分程度で岩屋に到着。

 徒歩だと30分〜40分程度はかかる。 


江の島遊覧船・・・べんてん丸(okadoのブログ)



江の島岩屋



その1:江の島弁天橋〜青銅鳥居〜辺津宮

その2:中津宮〜御岩屋道通り

その3:奥津宮〜稚児ヶ淵〜岩屋









江島神社
江島神社

 江島神社は、欽明天皇の勅命で岩屋に宮を建てたのがはじまりとされる。
 現在は、辺津宮中津宮奥津宮からなる。


江の島
江の島

 江の島は、砂が堆積して湘南海岸と島とが陸続きとなった陸繋島
 鎌倉時代には源頼朝が弁財天を勧請。
 江戸時代には、大山江の島の二所詣が流行し賑わった島。


江ノ電「江ノ島駅」から徒歩25分
小田急「片瀬江ノ島駅」から徒歩20分
湘南モノレール「湘南江ノ島駅」から徒歩27分






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉のハギ お十夜


カスタム検索