鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



江島神社:辺津宮
〜江の島〜


岡戸事務所
編集:岡戸事務所







江島神社辺津宮


 江島神社の辺津宮は、1206年(建永元年)、三代将軍源実朝の命によって、鶴岡八幡宮の供僧良真によって創建されたと伝えられている。

 以前は開山堂があって、良真の木像が安置されていたというが、現在は聖天島の社に安置されている。

 1675年(延寶3年)に再建され、1976(昭和51年)には大改修が行われた。
 祭神は田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)。





江島神社瑞心門
瑞心門
(竜宮城をイメージ)
白龍王黄金浄水(銭洗白龍王)
銭洗白龍王
(金運向上・財宝福徳)


巾着の賽銭箱
巾着の賽銭箱
打ち出の小槌
打ち出の小槌
(撫でて御利益)


恋むすび縁むすび絵馬
恋むすび
縁むすび絵馬
むすびの樹
むすびの樹
(大銀杏)


奉安殿
奉安殿
(江の島弁財天)
江島霊迹建寺の碑
江島霊迹建寺碑
(源実朝ゆかりの碑)


八坂神社
八坂神社



〜良真の伝説〜

江の島聖天島
聖天島
(天女出現伝説)
蟇石
蟇石





慈悲上人良真の伝説1〜聖天島〜

慈悲上人良真の伝説2〜蟇石〜

江島霊迹建寺之碑(宋国伝来の古碑)

江の島の三宮と三坊

その1:江の島弁天橋〜青銅鳥居〜辺津宮

その2:中津宮〜御岩屋道通り

その3:奥津宮〜稚児ヶ淵〜岩屋









江島神社
江島神社

 江島神社は、欽明天皇の勅命で岩屋に宮を建てたのがはじまりとされる。
 現在は、辺津宮中津宮奥津宮からなる。


江の島
江の島

 江の島は、砂が堆積して湘南海岸と島とが陸続きとなった陸繋島
 鎌倉時代には源頼朝が弁財天を勧請。
 江戸時代には、大山江の島の二所詣が流行し賑わった島。


江ノ電「江ノ島駅」から徒歩25分
小田急「片瀬江ノ島駅」から徒歩20分
湘南モノレール「湘南江ノ島駅」から徒歩27分






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索