鎌倉手帳(寺社散策)

伝源頼朝寄進の鳥居
〜江の島〜


岡戸秀仁
編集:岡戸秀仁







江の島源頼朝の鳥居


 江島神社奥津宮入口の石鳥居は、源頼朝寄進と伝えられている。

 『吾妻鏡』によれば、源頼朝は、1182年(養和2年)に藤原秀衡調伏のため、江の島岩屋に弁財天を勧請し、鳥居を寄進した。

 現在の鳥居は、2004年(平成16年)の台風で破損した後に補修されたもの。

 頼朝が弁財天を勧請したことにより、鎌倉幕府の江の島信仰が盛んに行われ、その信仰の主な対象は、頼朝文覚に造らせたという八臂弁財天だったという。


江島神社奉安殿
奉安殿
(江の島弁財天)
平泉
奥州平泉の旅


源頼朝の鎌倉幕府と鬼門を守護・鎮護した神仏





その1:江の島弁天橋〜青銅鳥居〜辺津宮

その2:中津宮〜御岩屋道通り

その3:奥津宮〜稚児ヶ淵〜岩屋









江島神社奥津宮
奥津宮

 かつての江島神社奥津宮は、本宮(岩屋)の御旅所だった。


江の島
江の島

 江の島は、砂が堆積して湘南海岸と島とが陸続きとなった陸繋島
 鎌倉時代には源頼朝が弁財天を勧請。
 江戸時代には、大山江の島の二所詣が流行し賑わった島。


江ノ電「江ノ島駅」から徒歩25分
小田急「片瀬江ノ島駅」から徒歩20分
湘南モノレール「湘南江ノ島駅」から徒歩27分






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉まつり 鎌倉:梅の名所
鎌倉桜情報 春旅・鎌倉


カスタム検索