鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



江島神社

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







江島神社


 江島神社は、552年、欽明天皇の勅命で、岩屋に宮を建てたのがはじまりとされる。

 現在の江島神社は、辺津宮中津宮奥津宮からなる。

 かつては、御窟(おんいわや(岩屋))が本宮とされ、奥津宮を「本宮御旅所」・中津宮を「上の宮」・辺津宮を「下の宮」と呼んでいた。

 岩屋には江島神社の発祥地とされる場所が残されており、各時代の高僧が修行に励んだ。

 仏教との習合によって、金亀山与願寺と称されていたが、明治の神仏分離によって仏式が全廃されている。


江の島の初詣

湘南三社詣

鎌倉・江の島七福神

藤沢七福神





江の島辺津宮
辺津宮
(下の院)
江の島中津宮
中津宮
(上の院)

 辺津宮は、三代将軍源実朝が建永元年(1206)に鎌倉幕府の繁栄を祈って創建した。

江の島弁財天
奉安殿
(江の島弁財天)

 辺津宮の八角形の御堂は奉安殿

 女性の象徴をすべて兼ね備えているといわれる「裸弁財天(妙音弁財天)」と、源頼朝文覚に命じて勧請したと伝わる「八臂弁財天像」が安置され、安芸の宮島、近江の竹生島とともに日本三弁天とされている。


江の島奥津宮
奥津宮
(本宮御旅所)
江の島岩屋
岩屋
(本宮)


龍恋の鐘
龍恋の鐘
(恋人の丘)

 奥津宮の石鳥居は、源頼朝が寄進したと伝えられる。

 鎌倉幕府の創始に貢献した北条時政は、江ノ島に35日間参籠して子孫の繁栄を祈願したといわれ、北条氏の家紋「三鱗(ミツウロコ)」は、その時現れた龍の鱗と伝えられている。

 恋人の丘は、第二岩屋のほぼ真上にある永遠の愛を叶える場所。







江島神社狛犬 江島神社狛犬
江島神社の狛犬

 江島神社入口の朱鳥居下の狛犬は、長堀検校の寄進で江の島で一番大きいといわれている。


江島神社の碑
「江島神社の碑」は、東郷平八郎の揮毫。





江の島の三宮と三坊

中世武家政権と江の島

妙音弁財天が安置された伝説の不老門

江の島散策
その1:江の島弁天橋〜青銅鳥居〜辺津宮

その2:中津宮〜御岩屋道通り

その3:奥津宮〜稚児ヶ淵〜岩屋









江の島瑞心門
瑞心門

 「瑞心門」は、竜宮城を模して造られた江島神社の御神門。


江の島
江の島

 江の島は、砂が堆積して湘南海岸と島とが陸続きとなった陸繋島
 鎌倉時代には源頼朝が弁財天を勧請。
 江戸時代には、大山江の島の二所詣が流行し賑わった島。


江ノ電「江ノ島駅」から徒歩25分
小田急「片瀬江ノ島駅」から徒歩20分
湘南モノレール「湘南江ノ島駅」から徒歩27分






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索