鎌倉手帳(寺社散策)

江の島の青銅鳥居

岡戸秀仁
編集:岡戸秀仁







江の島青銅鳥居


 江の島弁天橋を渡ってすぐにあるのが青銅製の鳥居。

 この鳥居は、1747年(延享4年)に建立され、1821年(文政4年)に再建されたもの。

 鋳物師:粉川市正藤原国信、世話人:浅草新鳥越の八百屋喜四郎、願主:新吉原の扇屋宇衛門、大黒屋勘四郎、松葉屋半蔵といった名が銘文に刻まれている。

 寄進者の中には花魁(おいらん)代々山という名もある。

 この鳥居から、瑞心門前の朱塗りの鳥居までが江島神社の門前町で、旅館、土産物屋、食堂などが並んでいる。



江の島青銅鳥居

 鳥居には龍が施された「江島大明神」の額が掲げられているが、以前は「大弁財天」という額が掲げられていた。

 鳥居をくぐらず、左の小路を入ると、民宿、魚屋、八百屋、釣り餌屋、食堂などが並ぶ昔ながらの町並みが残されている。





その1:江の島弁天橋〜青銅鳥居〜辺津宮

その2:中津宮〜御岩屋道通り

その3:奥津宮〜稚児ヶ淵〜岩屋









江の島
江の島

 江の島は、砂が堆積して湘南海岸と島とが陸続きとなった陸繋島
 鎌倉時代には源頼朝が弁財天を勧請。
 江戸時代には、大山江の島の二所詣が流行し賑わった島。


江ノ電「江ノ島駅」から徒歩25分
小田急「片瀬江ノ島駅」から徒歩20分
湘南モノレール「湘南江ノ島駅」から徒歩27分

東京2020オリンピック






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

初夏の鎌倉 鎌倉アジサイの名所
2018鎌倉アジサイ情報 鎌倉夏まつり


カスタム検索