鎌倉手帳(寺社散策)

富士曼荼羅図
富士山本宮浅間大社

岡戸事務所
編集:岡戸秀仁







 富士山本宮浅間大社所蔵の「絹本著色富士曼荼羅図」は、室町時代の作と考えられ、当時の富士信仰を探る上で重要な資料(国重文)。

 図の下に駿河湾、三保の松原、清見寺と清見ヶ関、その上に富士山本宮浅間大社が描かれ、湧玉池では禊ぎをする道者の姿が見える。

 さらに上には富士山興法寺、中宮八幡宮、御室大日堂、そして山腹には日輪と月輪、山頂には極楽浄土を表す仏が描かれている。

 富士山は長く遙拝の対象とされてきたが、平安時代になると修験道の山となり、さらに室町時代には一般庶民の登山道も開かれ、登拝の山へと変化していったという。 


富士曼荼羅図


 富士山本宮浅間大社本殿が一層造であることから、徳川家康が二層造の本殿を造営する前と考えられている。





歴史めぐり源頼朝



富士山本宮浅間大社
リンクボタン富士山本宮浅間大社

富士山本宮浅間大社源頼朝も崇敬した。
1193年(建久4年)に催された富士裾野の巻狩りでは流鏑馬を奉納したという。


本宮:静岡県富士宮市宮町1−1
奥宮:富士山頂上

JR身延線 富士宮駅から徒歩約10分


頼朝の富士巻狩りと曽我兄弟の仇討ち







富士山
リンクボタン世界文化遺産「富士山」


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

かまくら「長谷の市」 宝物風入
鎌倉の紅葉 長谷寺紅葉ライトアップ