鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



源氏三代と北条氏
比企能員暗殺・比企氏滅亡

岡戸事務所
編集:岡戸事務所










 源頼朝は、比企禅尼を乳母として育ち、父義朝平治の乱平清盛に敗れ、伊豆に流された後も禅尼の援助を受けていた。

 頼朝の子で二代将軍となった頼家は比企能員の娘若狭局を側室としている。

 能員は禅尼の娘婿。

 頼朝のもう一人の子実朝は、北条時政の娘阿波局(北条政子の妹)を乳母としており、頼朝亡き後の政権を狙う北条氏と、二代将軍をそばに置く比企氏との対立が深まっていく。


乳母制度を利用した権力争い
 乳母(めのと)は、実の母の代わりにその者を育てることから、その繋がりは親以上といってもよい。

 源頼朝の子たちは、その乳母を利用した権力争いに巻き込まれてしまった。





〜比企の乱〜

 1203年(建仁3年)、頼家が病に臥し危篤状態となると、時政政子頼家の実権を奪うべく画策を始める。

 一方、頼家も比企能員に命じて時政の討伐しようと考える。

 そんな中、時政は能員を自邸に誘き出して殺害。

 比企一族も北条義時に攻められ、頼家の子一幡とともに滅亡。頼家は修禅寺に流された後、翌年暗殺された(比企の乱)。


比企一族墓
(鎌倉:妙本寺)

源頼家の墓
(伊豆:修禅寺)


 三代将軍には頼家の弟実朝が就任するが、時政大江広元とともに政所別当となり、将軍実朝の補佐役として実権を握っていた。

 のちに実朝は、頼家の子公暁に暗殺される(1219年(建保7年)・源実朝の暗殺)。



源氏三代と御家人

鎌倉と源氏

鎌倉幕府

梶原景時の追放

比企能員の暗殺・比企氏滅亡

畠山重忠殺害と北条氏の世代交替

北条義時の独裁と和田義盛

実朝の暗殺




石清水八幡宮
〜源頼朝の歴史と寺社めぐり〜



比企氏の乱

源氏の繁栄・衰退・再興・滅亡(okadoのブログ)

北条時政という武将(okadoのブログ)

源頼家の悲劇〜比企氏の乱の真相は・・・〜(okadoのブログ)

二代将軍源頼家(okadoのブログ)







鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索