鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



源氏三代と北条氏
実朝の暗殺

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







 北条義時北条政子が権力を握るようになると、将軍である源実朝の存在感がほとんどなくなり、実朝自身も武家の棟梁というより、歌や蹴鞠など公家的な生活を好むようになる。

 義時にとって実朝のこのような態度は、願ってもないことであって、まことに都合のいいことだったのかもしれない。

 やがて、実朝は右大臣となり、その拝賀式が鶴岡八幡宮で行われたが、その際に兄頼家の子公暁によって暗殺された(源実朝の暗殺)。

 実朝を暗殺した公暁は、その後三浦義村を頼ったが殺されてしまう。公暁を斬ったのは、長尾定景という武士で上杉謙信の祖先にあたる(長尾城址 長尾定景一族の墓久成寺)。

 実朝が殺害されたころ、義時はどうしていたかというと、にわかの病気で拝賀式を欠席している(覚園寺の戌神将伝説)。


北条義時の陰謀説
 義時はこの暗殺計画を知っていたどころか、自らが暗殺を計画したのではないか?

北条義時の陰謀説
 北条氏の独裁に不満をもった義村が、暗殺を計画したが、暗殺後の状況が不利なため、公暁を裏切り誅殺したのではないか?

 どちらも、考えられることであるが、公暁の死によって源氏の血統が絶えたことは、北条氏にとってますます有利になっていく。



壽福寺五輪塔

源実朝公御首塚
(秦野市)





源氏三代と御家人

鎌倉と源氏

鎌倉幕府

梶原景時の追放

比企能員の暗殺・比企氏滅亡

畠山重忠殺害と北条氏の世代交替

北条義時の独裁と和田義盛

実朝の暗殺




石清水八幡宮
〜源頼朝の歴史と寺社めぐり〜



大倉薬師堂〜北条義時と戌神将の伝説〜(okadoのブログ)

公暁と源実朝の暗殺・・・源氏の滅亡(okadoのブログ)

源氏の繁栄・衰退・再興・滅亡(okadoのブログ)







鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索