鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



鎖大師開帳
〜鎌倉:青蓮寺の裸形彫刻〜

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







鎖大師開帳


 毎年8月16日、青蓮寺の本尊「木造弘法大師坐像」が開帳されます(国の重要文化財)。

 この像は、鎌倉時代のもので、手足を動かすことができることから「鎖大師」と呼ばれています。

 『新編鎌倉志』には「弘法自作の木造あり。鎖大師というなり。鎖を以て膝を屈伸するように造る故名づく」と記されているようです。

 また、裸形彫刻でもあり、絹の衣を纏っています。

 もとは鶴岡八幡宮等覚院にあったものと伝えられています。


鎖大師開帳
 午前11時から午後4時まで。

施餓鬼法要
 午後3時より。





☆伝説!鎖大師☆

 本尊弘法大師像(鎖大師)は、もとは鶴岡八幡宮供僧坊等覚院にあったが、神仏分離によって松源寺に移された。

 しかし、像が一人で壽福寺へ行き、しばらく壽福寺に滞在していたという。

 その後、青蓮寺の住職の夢枕に現れ「迎えに来るように」とのお告げがあったため青蓮寺に移されたのだという。


〜鎌倉の裸形彫刻〜

 裸形彫刻は鎌倉独特のもの。
 延命寺の地蔵菩薩像、鶴岡八幡宮の弁財天像、江ノ島の弁財天像、薬王寺の日蓮像などがある。


裸形彫刻の仏像



 鎖大師は年5回ほど、定期的に開帳されています。

1月1日
1月21日(初大師)
4月第3土曜日(鎖大師正御影供大祭)
8月16日(施餓鬼法要)
12月21日(納め大師)


鎖大師開帳〜青蓮寺〜(okadoのブログ)






青蓮寺
青蓮寺

 青蓮寺は、弘法大師(空海)の霊場。
 弘法大師が護摩の修業を終えると、天女から仏舎利(釈迦の骨)を授けられ、翌日には、池に青い蓮華の花が咲きそろっていたという。


鎌倉市手広769
0467(31)1352

JR大船駅より江ノ島行、津村行バス「鎖大師」下車



鎌倉の行事・祭


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索