鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



聖徳皇太子大祭太子講
〜鎌倉:宝戒寺〜

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







太子講


 毎年1月22日、宝戒寺では建築関係者が集まり「太子講」が執り行われます。

 「太子」とは、建築関係者の神として崇められている「聖徳太子」のことです。

 太子堂で護摩を焚き、読経のあと、木遣唄が奉納されます。

1月22日:13:00頃からの予定

時間は、観光協会等で確認してください。





太子講

太子講

太子講
聖徳太子2歳尊像
(太子堂)

 聖徳太子は、四天王寺や法隆寺など建築に関わり、工芸技能者の保護や個人の才能を尊重する政策をとったことから、建築、木工の守護神として信仰されるようになりました。

 室町時代から江戸時代になると、大工、左官、鍛冶屋、屋根葺き、桶屋などの職人が、工匠の元祖として崇めるようになり、忌日にあたる2月22日に太子講を行ったといいます。


太子講
木遣唄の奉納






宝戒寺太子堂
太子堂

太子堂には、聖徳太子の二歳尊像が祀られています。


職人の神さま聖徳太子(okadoのブログ)



宝戒寺
宝戒寺

宝戒寺は、鎌倉幕府滅亡後、後醍醐天皇足利尊氏に命じ、北条一族の霊を弔うために建立された寺。

鎌倉市小町3−5−22
0467(22)5512

鎌倉駅から徒歩15分


鎌倉:新年イベントマップ






鎌倉の行事・祭


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索