鎌倉手帳(寺社散策)

秋の鎌倉 ヒガンバナ



弓馬四天王
〜源頼朝に仕えた弓馬の名手〜

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







 木曽義仲に仕え、のちに源頼朝の御家人となった海野幸氏望月重隆、甲斐源氏の武田信光小笠原長清の4人は、馬術・弓術に優れた才能を発揮し、弓馬四天王と称された。


小笠原流・流鏑馬



海野幸氏

 海野幸氏(うんのゆきうじ)は、1184年(寿永3年)1月21日、粟津の戦いで討死した海野幸親の三男といわれている。

 本領は信濃国海野庄。

 『吾妻鏡』によれば、

 1183年(寿永2年)3月、源頼朝と木曽義仲の和議成立後、義仲の子義高が鎌倉に送られる際に望月重隆らとともに随行。

 1184年(元暦元年)4月21日、頼朝から義高殺害の命が下ると、大姫が義高を鎌倉から逃し、幸氏が身代わりとなって義高を装った。

 このことで頼朝から監禁されたが、弓馬の技術が認められ御家人となる。

 1188年(文治4年)2月28日の鶴岡八幡宮臨時祭の流鏑馬、同年の鶴岡八幡宮放生会の流鏑馬、1189年(文治5年)正月9日の弓始め、1193年(建久4年)8月16日の鶴岡八幡宮放生会の流鏑馬で射手を務めている。

 1193年(建久4年)5月の富士裾野の巻狩りで起こった曾我兄弟の仇討ち事件では、頼朝を護衛して負傷。

 1195年(建久6年)3月の頼朝の上洛では、東大寺大仏殿落慶供養の惣門警備を務めた。

 頼朝の亡き後も弓馬の名人として活躍し、1202年(建仁2年)の源頼家の伊豆・駿河国の巻狩りでは弓矢を帯する射手十人に数えられ、1237年(嘉禎3年)7月19日には、鶴岡八幡宮の放生会で初めて流鏑馬の射手を務める北条時頼に流鏑馬を指南している。


 幸氏の父幸親は、木曽義仲に従って平氏を都落ちさせ、1183年(寿永2年)7月28日に入京するが、義仲が後白河法皇と対立し、11月19日には後白河法皇の法住寺殿を焼き討ちするクーデターを起こした。

 しかし、翌年正月には、頼朝の派遣した源義経らに攻められ、粟津の戦いで義仲とともに討死している。



望月重隆

 望月重隆(もちづきしげたか)は、信濃国佐久郡に勢力を誇った望月国親の子。

 1183年(寿永2年)3月、源頼朝と木曽義仲の和議成立後、義仲の子義高が鎌倉に送られる際に海野幸氏らとともに随行。

 義仲と義高が討たれた後、頼朝の御家人として仕え、1193年(建久4年)5月の富士裾野の巻狩りに随行している。

 同年8月16日の鶴岡八幡宮放生会の流鏑馬で射手を務めた。


常楽寺木曽塚
木曽塚

常楽寺の木曽塚は、源頼朝に誅殺された木曽義高の墓と伝えられている。


木曽義高の誅殺



武田信光

 武田信光(たけだのぶみつ)は、武田信義の五男。
 甲斐国八代郡石和荘を基盤としていたことから、石和氏を称していた。

 1180年(治承4年)、父信義とともに挙兵。

 駿河国の目代橘遠茂を生け捕った。

 その後、源頼朝に仕えて活躍し、1188年(文治4年)正月20日の二所詣や1193年(建久4年)の富士裾野の巻狩りに従兄弟の小笠原長清とともに随行。

 1187年(文治3年)8月15日、1193年(建久4年)8月16日の鶴岡八幡宮放生会の流鏑馬で射手を務めた。

 1194年(建久5年)には、東大寺大仏殿の持国天像造立の負担を命じられている。

 頼朝亡き後の1200年(正治2年)、梶原景時が兄の有義に送ったという密書を発見し、幕府に申立てを行っている。

 この事件以降、武田氏棟梁の地位が信光に移ったものと考えられている。

 1203年(建仁3年)には、謀叛を企てたとする頼朝の弟阿野全成を捕らえ、1213年(建保元年)の和田合戦では、北条義時に味方し和田義盛の追討に加わった。

 1221年(承久3年)の承久の乱では、東山道の大将軍として兵を率い、乱後には安芸国守護に任じられている。


武田流流鏑馬
武田流流鏑馬

 武田流流鏑馬は、武田信光を祖とする安芸武田氏に伝えられた弓馬術。



小笠原長清

 小笠原長清(おがさわらながきよ)は、甲斐源氏・加賀美遠光の次男。

 甲斐国巨摩郡小笠原郷を相続し、高倉天皇から小笠原の姓を賜った。

 源頼朝の御家人として活躍し、信濃守に任じられている(長清は信濃守護家小笠原家の祖)。

 1188年(文治4年)正月20日の二所詣や1193年(建久4年)5月の富士裾野の巻狩りに随行。

 同年8月16日の鶴岡八幡宮放生会の流鏑馬で射手を務めた。

 1194年(建久5年)には、東大寺大仏殿の多聞天像造立の負担を命じられている。

 頼朝の死後、子の長経が源頼家に仕えたことから、1203年(建仁3年)9月4日に処罰されるが(参考:比企の乱)、姉妹の大弐局は源実朝の養育係を務め、嫡男時長は、1219年(承久元年)、三寅(のちの四代将軍藤原(九条)頼経)の鎌倉下向の随兵を務めている。

 1221年(承久3年)6月の承久の乱では父子8人で活躍した。

 弓馬術礼法小笠原流の祖。


小笠原流流鏑馬
小笠原流流鏑馬

 小笠原流流鏑馬は、小笠原氏の祖長清からの受け継がれた伝統技術。











小笠原流・流鏑馬
流鏑馬神事

鶴岡八幡宮例大祭で奉納される流鏑馬は、1187年(文治3年)8月15日、源頼朝が放生会を催した際に奉納したのがその起源だという


鎌倉まつり
鎌倉まつり
鶴岡八幡宮例大祭
例大祭



鎌倉の行事・祭


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


小笠原流流鏑馬 鎌倉のハギ


カスタム検索