鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



諏訪盛澄の逸話
1187年(文治3年)の流鏑馬

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







 諏訪盛澄は、源頼朝が挙兵したとき、平家に属していたため捕らえられ梶原景時に預けられていた。

 本来、処刑されるはずであったが、景時は、流鏑馬奉納でその妙技を頼朝に見せることによって盛澄の助命を考えたといわれている。

 『吾妻鏡』も、そのときの事を「珍事あり」と記している。

 景時に「盛澄の処罰を弓馬の技を見てからにして欲しい」と説得された頼朝は、盛澄に暴れ馬を与えたが、盛澄は見事全ての的を射抜いた。

 さらに頼朝は、射抜かれた的の破片や的の串を射抜くように命じたが、これも見事に射抜いたため、盛澄はその罪を許された。

 ※諏訪盛澄は、「唐糸伝説」の手塚太郎光盛の兄といわれている。


流鏑馬神事


 1187年(文治3年)8月15日、鶴岡八幡宮では放生会が催され、流鏑馬が奉納されました。

 これが、鶴岡八幡宮例大祭の始まりといわれています。

 『吾妻鏡』によれば・・・

 射手は五騎馬。

 一番  射手 長江太郎義景
 二番  射手 伊沢五郎信光
 三番  射手 下河辺庄司行平
 四番  射手 小山千法師丸
 五番  射手 三浦平六義村

 的にあたらない者はなく終了しました。


 しかし、その後珍事が起こります。

 諏訪大夫盛澄という者が召し出され、流鏑馬を射るよう命じられます。

 盛澄は、流鏑馬の芸を極めた人物で、藤原秀郷の秘伝を伝えているといいます。

 平家に仕え京都に住んでいたときは、城南寺の流鏑馬などに出ていました。

 そんな理由から、源頼朝のもとに参上するのが遅れたため、囚人として扱われていました。

 しかし、流鏑馬の一流が途絶えてしまうことから処刑は免れ、長年、囚人として閉じこめられていたようです。

 頼朝は、この日、盛澄を召し出します。

 そして、流鏑馬を射るよう命じます。

 盛澄は厩一の悪馬を賜り、騎乗します。

 すると、厩の舎人(管理者)が、「この馬は、的の前で必ず右の方を走ります」と盛澄に告げたといいます。

 馬はそのとおり一の的の前で右に寄りますが、盛澄は生来の武芸の達者ですので、押し直して的に命中させ、全ての的をはずしませんでした。

 次に、小さな土器の皿を五寸の串に挟んだ的を3つ立てますが、これも全て射抜きます。

 さらに、残った串を全て射抜くよう命じられます。

 盛澄は、囚人として既に観念はしていましたが、心の中で諏訪大明神に祈念し、鶴岡八幡宮の瑞垣の方を拝み、神霊に仕えることができるならば今一度擁護してくれるよう祈ります。

 その後、鏃を平らにねじり回して残された串を射ます。

 そして、五寸の串の全てを射切り、観ていた者を感動させました。

 頼朝は直ちに盛澄の罪を許すよう命じたといいます。











小笠原流・流鏑馬
流鏑馬神事

 鶴岡八幡宮例大祭で奉納される流鏑馬は、1187年(文治3年)8月15日、源頼朝が放生会を催した際に奉納したのがその起源だという


鎌倉まつり
鎌倉まつり
鶴岡八幡宮例大祭
例大祭



鎌倉の行事・祭


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


小笠原流流鏑馬 鎌倉の紅葉


カスタム検索