鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



熊谷直実の逸話
1187年(文治3年)の流鏑馬

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







 一ノ谷の合戦で平敦盛を討ったことでも知られる熊谷直実は、射手から外されて、的立ての役に指名されるが、この役を拒んだことから源頼朝の怒りに触れ領地を没収された。


熊谷直実像
熊谷直実像
(埼玉県・熊谷駅前)


 『吾妻鏡』によると、

 1187年(文治3年)8月4日、源頼朝は、鶴岡八幡宮の放生会で奉納される流鏑馬の射手と的立役を指名します。

(※鶴岡八幡宮の放生会は、この年から始まったといわれ、流鏑馬が奉納されています。)


 直実は上手(かみて)の的立役を命ぜられましたが不満です。

 怒った直実は頼朝に、

 「御家人は皆同輩のはず。

 それなのに、射手は騎馬、的立は徒歩。

 すでに勝敗をつけたようなもの。

 このような命令に従うことは難しい。」

 と申し上げました。


 これに対して頼朝は、

 「この役目は、身の器をわきまえて命じていることである。

 勝敗を分けたものではない。

 とりわけ、的立役は下職ではない。

 新日吉神社に法皇がお越しのときは、貴族の侍衆が流鏑馬の的を立てられた。

 その起源からすれば、まるで射手の役を越えている。

 早く役目を受けるように」

 と的立役が名誉ある役目であることを説いたといいます。


 しかし、直実は承知しなかったので、所領を減封されました。

 「一所懸命」の武士の所領を没収するのですから、 頼朝の怒りも大変なものだったと思われます。

 弓の名手であったという直実。

 射手をはずされ、的立役に指名されたことは、屈辱的だったのかもしれません。

 何より騎馬で登場できず、徒歩というのが不満だったのでしょう。





〜京都の熊谷直実伝説〜

烏寺(専定寺)
烏寺
金戒光明寺
金戒光明寺

熊谷直実よろい掛け松
直実よろい掛け松
(金戒光明寺)
熊谷直実の墓
直実の墓
(金戒光明寺)

金戒光明寺極楽橋
極楽橋の伝説
(金戒光明寺)
京都法然寺
法然寺

光明寺
光明寺
(京都:長岡京)











小笠原流・流鏑馬
流鏑馬神事

 鶴岡八幡宮例大祭で奉納される流鏑馬は、1187年(文治3年)8月15日、源頼朝が放生会を催した際に奉納したのがその起源だという


鎌倉まつり
鎌倉まつり
鶴岡八幡宮例大祭
例大祭



鎌倉の行事・祭


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


小笠原流流鏑馬 鎌倉の紅葉


カスタム検索