鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



西行と流鏑馬
〜鶴岡八幡宮〜

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







 1186年(文治2年)、『山家集』を編んだことで知られている歌人西行が、東大寺再建の勧進のため奥州へ赴く途中、鎌倉に立ち寄った。

 西行は、藤原秀郷の子孫で、北面の武士として鳥羽上皇に仕えていたが、出家して西行と称していた。

 源頼朝は、鎌倉を訪れた西行に面会し、弓馬のことを聞き、翌年の放生会で流鏑馬を奉納したと伝えられている。


西行


 『吾妻鏡』によると・・・

 1186年(文治2年)8月15日、鶴岡八幡宮に参拝した頼朝は、鳥居の辺りを徘徊している一人の老僧を見つけます。

 梶原景季に名前を尋ねさせたところ、佐藤兵衛尉義清という元北面の武士で、今は西行と名乗っているとのことでした。

 鶴岡八幡宮奉幣の後、西行を館に招き入れた頼朝は、和歌や弓馬のことについて尋ねますが・・・西行は・・・

  「弓馬のことは、出家する前まではその流派を伝えていましたが、1137年(保延3年)に出家したときに、藤原秀郷以来九代の嫡流家に伝わった兵法は焼いてしまい、罪業の原因ともなりますので心にも留めず、忘れてしまいました。

 詠歌については、花月に対して心が動いたときにただ31文字を作るだけで、深く理解しているわけではありません」

 と答えたといいます。

 それでも、頼朝が再三にわたって尋ねたので、弓馬のことは一晩に亘って語ったといいます。

 頼朝は、藤原俊兼にその口述を記録させたそうです。

 翌日の正午ごろ、西行は頼朝の館を辞します。

 頼朝は、このとき銀で作られた猫を西行に贈りますが、西行は、門の外で遊んでいた子どもたちに玩具として与えてしまいました。


流鏑馬・西行



西行もどり松
西行もどり松
(藤沢市)
裁許橋
裁許橋
(鎌倉十橋)











小笠原流・流鏑馬
流鏑馬神事

 鶴岡八幡宮例大祭で奉納される流鏑馬は、1187年(文治3年)8月15日、源頼朝が放生会を催した際に奉納したのがその起源だという


鎌倉まつり
鎌倉まつり
鶴岡八幡宮例大祭
例大祭



鎌倉の行事・祭


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


小笠原流流鏑馬 鎌倉の紅葉


カスタム検索