鎌倉手帳(寺社散策)

秋の鎌倉 鎌倉検定



かきがら稲荷
鎌倉:長谷寺

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







長谷寺かきがら稲荷社


 鎌倉長谷寺の十一面観音像は、721年(養老5年)、徳道の願いによって彫られた二体の観音像のうちの一つ。

 一体は奈良の長谷寺に安置されたが、もう一体は有縁の地で人々を救うようにと、行基によって海に投げ入れられたのだという。

 それから15年後、体に付着した「かきがら」の導きで、三浦半島の長井の浦に流れ着いた観音像。

 間もなく鎌倉に移されたのだと伝えられている。

 鐘楼横の「かきがら稲荷」は、「観音さまのお導きがあるように」と祀られたもの。





長谷寺かきがら稲荷社


〜牡蠣殻に導かれてやって来た観音様〜

 近江国の白蓮華谷には、大きな楠の倒木がありました。

 その倒木が洪水で大津の郷に流れ着きます。

 そして、里の人たちに祟りを及ぼします。

 その木を譲り受けたのが徳道というお坊さん。

 徳道は倒木を持ち帰り、

 稽文会(けいもんえ)と稽主勲(けいしゅくん)という二人の仏師に仏像を彫ってもらいました。

 そして、3日で二体の観音像が造立されました。

 一体は大和国の長谷寺へ、

 もう一体は 「有縁の地に出現して人々を救いたまえ」 ということで海に流されました。

 観音像は牡蠣殻(かきがら)に導かれて流れて行きます。

 そして、三浦半島の長井の浜に漂着。

 村人たちは仮屋をつくって観音様を安置します。

 その場所は今でも仮屋ヶ崎という地名として残っています。

 やがて観音様は鎌倉へと移されます。

 それが長谷寺の本尊・十一面観音像。


長谷寺かきがら絵馬
牡蠣殻絵馬


長谷観音の伝説



十一面観音像の伝説・・・かきがら稲荷

鎌倉の観音霊場巡り

伝説の観音さまと四万六千日詣り







長谷寺
長谷寺

736年(天平8年)の開創と伝えられる古寺。
本尊の十一面観音は木造では日本最大級の仏像で、坂東札所の第4番。

鎌倉市長谷3−11−2
0467(22)6300

江ノ電「長谷駅」から徒歩5分


江ノ電で鎌倉



長谷寺境内MAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 宝物風入


カスタム検索