鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



相模の武将・愛甲季隆
(厚木市・宝積寺)

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







厚木・宝積寺


 弓の名手として知られる愛甲季隆は、武蔵七党横山党の一族で、愛甲庄に進出し一帯を領した。

 宝積寺には、季隆の墓と伝わる五輪塔が残されている。

 季隆は、下河辺行平とともに弓の名手として、源頼朝の親衛隊として仕え、頼朝の子頼家の弓の師範としても活躍。

 1193年(建久4年)に行われた富士裾野の巻狩りでは、頼家が鹿を射止め、季隆も褒美を得たという。

 1205年(元久2年)、北条時政に騙されて鎌倉へと向かう畠山重忠は、二俣川で幕府軍に襲われるが、このときに重忠を射倒したのが季隆だといわれている。

 1213年(建暦3年)に起こった和田合戦で和田義盛に味方し、和田一族とともに討ち死にした。 


畠山重忠の乱

和田合戦





〜愛甲季隆のものと伝わる墓塔〜

愛甲季隆五輪塔
五輪塔
(宝積寺)
愛甲季隆宝篋印塔
宝篋印塔
(円光寺)

 円光寺は、小田急線「愛甲石田」駅から5分程度のところにある寺。

 どちらの墓塔も季隆のものと考えるには難しいという説があるが、いずれにしても、両墓塔は、愛甲季隆という弓の名手が愛甲の地を治め、鎌倉幕府で大きな役割を果たしたということを物語っている。







愛甲季隆館址
愛甲三郎館址
(宝積寺裏山)


宝積寺

厚木市愛甲西3−6−24

小田急「愛甲石田」駅からバス
「愛甲橋」下車徒歩5分



鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索