鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉の桜 鎌倉まつり



源頼朝挙兵の地 
石橋山古戦場

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







石橋山古戦場


 1159年(平治元年)、平治の乱で敗れ、伊豆国の蛭ヶ小島に流された源頼朝

 それから20年・・・

 1180年(治承4年)4月27日、以仁王の令旨を受け、8月17日、源氏再興の兵を挙げた。

 伊豆国の目代山木兼隆を襲撃して討ち取った後、相模国へ進軍。

 従った主な武将は、北条時政北条義時土肥実平、土屋宗遠、岡崎義実佐奈田義忠大庭景義、佐々木四兄弟、加藤景廉仁田忠常など。


源頼朝の挙兵

以仁王の令旨

土肥祭
(石橋山出陣を再現した武者行列)

山木兼隆


 伊豆国を出て東に軍を進めた源頼朝は、8月23日、大庭景親(三千騎)、・伊東祐親(三百騎)を相手に石橋山に布陣。

 頼朝軍は三百騎。

 頼みの三浦軍は、折からの雨による増水で酒匂川を渡ることができず、8月24日の未明には大勢が決していたものと考えられている。

 この戦いで惨敗した頼朝は、土肥実平の手引きで土肥の椙山へ逃げ込んだ。

 このとき、杉の巨木の洞穴に隠れていた頼朝を当時平氏方だった梶原景時が発見するが、それを見逃したという伝説は知られている。

 その後、頼朝箱根権現に身を寄せるが、平氏方の詮索の目が遠ざかると、真鶴岬に向かい、実平が用意させた舟で海路安房へと渡った。

 途中、運良く三浦義澄らの舟と合流したという。

 安房に上陸した頼朝は、千葉常胤上総介広常らを引き入れ、さらに畠山重忠などの武蔵の武将も頼朝の下に降じ、10月6日に相模国に入った。

 石橋山の戦いには、頼朝の異母弟全成も兄の挙兵を聞いて駆けつけていたが、佐々木定綱らに連れられ渋谷重国に匿われている。


大庭景親

伊東祐親





〜石橋山で先陣を切って討死した
佐奈田与一義忠と陶山文三家康〜


佐奈田霊社
佐奈田霊社
文三堂
文三堂

 石橋山の戦いでは、三浦義明の弟岡崎義実の嫡男義忠が討死した。

 石橋山古戦場には、義忠を祀る佐奈田霊社と郎党文三を祀る文三堂が建てられている。



北条宗時の墓
北条宗時の墓
(函南町)

北条宗時は北条時政の嫡男。

伊東祐親の軍に包囲され討死している。







〜参考〜

しとどの窟
しとどの窟
(湯河原町)
しとどのいわや
しとどのいわや
(真鶴町)

 石橋山の戦いに敗れた源頼朝が隠れ潜んだという場所。


源頼朝船出の浜
源頼朝船出の浜
(真鶴町)
源頼朝上陸地
源頼朝上陸地
(鋸南町)


伊豆山神社
伊豆山神社
秋戸郷
秋戸郷跡

源頼朝が石橋山に向かった後、北条政子伊豆山に身を潜めていた。


源頼朝の挙兵







石橋山古戦場
石橋山古戦場からの眺め
(神奈川県小田原市石橋)

源頼朝特集・・・挙兵から鎌倉入り(okadoのブログ)


伊豆韮山
源頼朝の配流地
(伊豆韮山)

伊豆・箱根
伊豆・箱根の旅
(源頼朝・北条氏ゆかりの地)







鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

2017鎌倉の桜 春旅!鎌倉


カスタム検索