鎌倉手帳(寺社散策)

お十夜法要 円覚寺開山忌



源頼朝・八重姫ゆかりの
音無神社


岡戸事務所
編集:岡戸事務所

FB







伊東:音無神社


 音無神社は、伊東の中央を流れる音無川(松川)の東岸に鎮座する。

 祭神は豊玉姫命(とよたまひめのみこと)。
  
 『曽我物語』によれば、平治の乱後、伊豆国の蛭ヶ小島に流された源頼朝は、一時、伊東の北の小御所で暮らしていたという。

 その時に出逢ったのが伊東祐親の娘八重姫。

 愛し合う二人が密かに会っていた場所がこの神社のある「おとなしの森」だったと伝えられ、対岸の「ひぐらしの森」は、頼朝が八重姫に会うため日暮れを待った所といわれている。

 やがて二人の間には男子が生まれ、千鶴丸と名付けられたが、伊東祐親の怒りに触れて殺され、二人の仲も引き裂かれた。



 「おとなしの森」と「ひぐらしの森」を結ぶ岡橋には、音無の森で密会する頼朝と八重姫が描かれている。





伊東市日暮神社
日暮神社

源頼朝が日暮れになるのを待ったという「ひぐらしの森」に鎮座する神社。



〜伊東祐親に命を狙われた頼朝〜

 千鶴丸を殺した伊東祐親は、頼朝も殺そうと企てたと伝えられている。

 そのことを祐親の次男祐清から聞いた頼朝は走湯権現(現在の伊豆山神社)に逃れて助かったのだという。

 『吾妻鏡』は八重姫と千鶴丸については記録されていない。

源頼朝の一杯水
源頼朝の一杯水
(熱海市)
熱海:今宮神社
今宮神社
(熱海市)

 熱海市の源頼朝一杯水は祐親の手から逃れた頼朝が喉を潤した場所と伝えられ、今宮神社は開運を祈願した社と伝えられている。










伊東市音無神社

 音無神社境内の天然記念物のタブの木。

 樹齢1000年ともいわれ、木陰で源頼朝と八重姫が密会を楽しんだと伝えられている。

音無神社

伊東市音無町1−12

JR伊東駅から徒歩15分



伊東市源頼朝めぐりMAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






伊豆韮山
源頼朝の配流地
(伊豆韮山)

伊豆・箱根
伊豆・箱根の旅
(源頼朝・北条氏ゆかりの地)


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

秋の鎌倉 鎌倉の紅葉


カスタム検索