鎌倉手帳(寺社散策)

 伊豆山神社
静岡県熱海市

岡戸秀仁
編集:岡戸秀仁







源頼朝が崇敬した神社

伊豆山神社


 伊豆山神社は、古来、「伊豆山大権現」または「走湯大権現」とも称され、源頼朝が崇敬した神社。

 創建年は不明だが、当初は日金山に建てられ、本宮山を経て、836年(承和3年)に現在地へ遷座されたという。

 伊豆国蛭ヶ小島に流されていた源頼朝は、ここで源氏再興を祈願した。

 若き日の頼朝北条政子が忍び逢う場所でもあったという。

 1180年(治承4年)、挙兵を決意した頼朝は、伊豆山権現の覚淵を北条邸に呼び出して相談している(参考:般若院)。

 挙兵後、政子を匿ったのも覚淵だった(参考:秋戸郷跡)。


祭神

正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊
(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)
拷幡千千姫尊
(たくはたちぢひめのみこと)
瓊瓊杵尊
(ににぎのみこと)





〜熱海の源頼朝伝説1〜

  鎌倉時代以前より、多くの僧兵を持していた伊豆山権現。

 1175年(安元元年)、伊東祐親から追われる身となった源頼朝が、一時、身を潜めた場所でもある。

 一杯水は伊豆山権現に逃れる途中の頼朝が喉の渇きを癒した場所と伝えられ、今宮神社は開運を祈願した神社と伝えられている。

源頼朝の一杯水
源頼朝の一杯水
熱海:今宮神社
今宮神社



境内の建築物・施設等
伊豆山神社
伊豆山神社の境内の建物や頼朝・政子の伝説、周辺の関連史跡等をご案内。



〜伊豆山権現の別当坊〜

 1180年(治承4年)10月、源頼朝が鎌倉に入り、鶴岡八幡宮の遷宮を行うと、伊豆山権現の住僧專光坊良暹が仮の別当に任じられている。

 関八州の総鎮守として歴代将軍の信仰を集めた伊豆山権現は、鎌倉・室町期には広大な神領を有し、最盛期には64もの僧坊や修験坊があって3800名もの僧兵がいたという。

 1590年(天正18年)、豊臣秀吉の小田原攻めによって全山が焼き討ちに遭うが、徳川家康によって復興され、江戸時代には12の僧坊と7の修験坊を有するようになった。

 別当坊だったという般若院は、真言宗伊豆派の聖地として関東一円に大きな勢力を誇っていたという。

 明治の神仏分離によって伊豆山神社となり、般若院も移転している。


般若院
般若院
(別当坊)



〜伊豆・箱根の二所詣〜

 『吾妻鏡』によれば、源頼朝は、伊豆山と箱根山の二所権現と三嶋社を参詣する「二所詣」を1188年(文治4年)に行っている。

 「二所詣」の最初の記録とされ、以後、鎌倉時代を通して行われた。

 三代将軍源実朝が編んだ「金槐和歌集」には、二所詣の際に詠んだという歌が載せられている。

箱根神社
二所詣
十国峠
十国峠
(源実朝歌碑)


〜源実朝の和歌〜

ちはやぶる伊豆のお山の玉椿八百万代も色はかはらし

箱根路をわが越えくれば伊豆の海や沖の小島に波のよるみゆ

伊豆の国や山の南に出づる湯の速きは神の験なりけり


源頼朝と日金地蔵・・・十国峠から伊豆山神社へ(okadoのブログ)






〜後白河法皇の四十九日法要〜

 『吾妻鏡』によれば、1192年(建久3年)5月8日、源頼朝が後白河法皇の四十九日法要を勝長寿院で行った際には、伊豆山権現の僧も18名参列している。

 他は、鶴岡八幡宮20人、勝長寿院13人、箱根権現18人、大山寺3人、金目観音3人、高麗寺3人、六所神社3人、岩殿寺2人、杉本寺1人、窟不動1人、慈光寺10人、浅草寺3人、真慈悲寺3人、飯泉観音2人、国分寺3人。



北条政子頭髪曼荼羅
北条政子の頭髪曼荼羅



伊豆山神社例大祭
例大祭
(4月14日〜16日)
伊豆山神社の枝垂れ桜
枝垂れ桜



〜熱海の源頼朝伝説2〜

熱海:みそぎの滝社
みそぎの滝
熱海:来宮神社
来宮神社

 みそぎの滝は、源頼朝が日金山や伊豆山を参詣する際に禊(みそぎ)をしたという場所。

 来宮神社は伊豆山神社の地主神とも?


伊豆山神社
伊豆山神社からの景色







伊豆山神社
伊豆山神社

静岡県熱海市伊豆山上野地708番地1

JR熱海駅からバスで7分


熱海と源頼朝の伝説



〜熱海・頼朝MAP〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






伊豆韮山
源頼朝の配流地
(伊豆韮山)

伊豆・箱根
伊豆・箱根の旅
(源頼朝・北条氏ゆかりの地)


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神
都七福神 新年イベント


カスタム検索