鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉:初夏の花・自然・景色 鎌倉のアジサイ



源 頼 朝
鎌倉に武家の都を創った武将

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







 1147年(久安3年)4月8日生(出生地は、京か尾張と考えられている。(参考:源頼朝誕生地))。

 清和源氏の一流で「河内源氏」の棟梁源義朝の三男として誕生(参考:六孫王神社)。

 幼名は「鬼武者」。母は、熱田神宮大宮司藤原季範の娘「由良御前」。

 三男だが、当時は母の家柄が重んじられたため、頼朝は当初より嫡子として扱われた。 



鎌倉の歴史と源頼朝


 父義朝が「平治の乱」で敗北し、義朝とともに東国へ逃れようとしたが、義朝は逃亡中の尾張国野間で家臣の裏切りにより殺され、頼朝は平清盛のいる京の六波羅へと送られた。

 清盛は、継母「池禅尼」に頼朝の命を助けることを請われ、「伊豆蛭ヶ小島」に流した。



伊豆・箱根

伊豆韮山

蛭ヶ小島
頼朝・政子像
蛭ヶ小島

源頼朝の挙兵




=頼朝の鎌倉入りと鶴岡八幡宮=

 源頼朝は、配流地の伊豆蛭ヶ小島で約20年を過ごしたのち、1180年(治承4年)、平家打倒のために挙兵した(参考:香山寺(伊豆韮山))。

 石橋山の合戦では敗北したものの、真鶴から船で安房に渡り、関東の有力な豪族を味方につけて鎌倉入りしている。

 鎌倉入りした頼朝は、先祖源頼義石清水八幡宮を勧請して由比郷鶴岡に創建した鶴岡若宮を現在の地に遷座した(現在の鶴岡八幡宮)。

 1182年(寿永元年)、妻北条政子が懐妊すると、安産祈願のため京の朱雀大路を模した「若宮大路」を造営し、その中央には「段葛」が設けられた。


石清水八幡宮

由比八幡


鶴岡八幡宮

段葛若宮大路


舞殿

大鳥居
(一の鳥居)

 鶴岡八幡宮は、1191年(建久2年)に焼失したが、頼朝は、改めて京都の石清水八幡宮の祭神を勧請し、現在のような上下両宮(上宮(本宮)と下宮(若宮))の姿となった。

 1193年(建久4年)に舞殿(下拝殿)」も造営された。

 江戸時代には、徳川秀忠(二代将軍)が若宮を、徳川家斉(十一代将軍)が本宮を修復造営している。現在の鶴岡八幡宮大鳥居(一の鳥居)は、徳川家綱(四代将軍)に寄進されたもの。


頼朝の鶴岡八幡宮創建

鶴岡八幡宮の歴史(年表)








平治の乱・・・明暗が分かれた平氏と源氏

平治の乱・・・伊豆流罪となった源頼朝

平清盛と源頼朝

源頼朝と伊豆国

平清盛が厳島神社の納めた経巻・・・平家納経

武家政権を樹立した平清盛

平清盛の最期・・・平氏の没落

平家物語が描く平清盛の死








鎌倉の歴史と源頼朝


配流・挙兵・鎌倉入り

東国の整備

源平合戦と義経追放

奥州征伐と征夷大将軍

晩年の頼朝



頼朝の挙兵と相模の武将

三浦一族
(三浦義明・義澄、岡崎義実 佐奈田義忠 和田義盛)

大庭氏(大庭景義・景親 俣野景久)

梶原氏(梶原景時・景季)

土肥実平 曾我兄弟 長尾定景

渋谷重国 愛甲季隆








源頼朝の鎌倉入り〜源氏再興の挙兵〜

源頼朝の挙兵〜山木館襲撃〜

源頼朝挙兵の日

源頼朝相模国へ進軍〜従った武将は・・・〜

三浦一族の進発〜石橋山の戦い〜

源頼朝の敗戦〜石橋山の戦い〜

先陣を切って討死した佐奈田与一義忠〜石橋山の戦い〜

源頼朝を助けた武将たち〜石橋山の戦い〜

石橋山の戦いと衣笠合戦〜三浦義明の討死〜

渋谷重国と佐々木四兄弟〜石橋山の戦い〜

明暗を分けた大庭兄弟(景義と景親)〜石橋山の戦い〜

梶原景時と石橋山の戦い

母の哀訴に命を救われた山内首藤経俊〜石橋山の戦い〜

法華経を読み続けた長尾定景〜石橋山の戦い〜

源頼朝・・・真鶴から安房へ

源頼朝大軍を率いて鎌倉入り

平氏の滅亡・・・吾妻鏡に記された壇ノ浦の戦い

源氏の繁栄・衰退・再興・滅亡

源頼朝の守り本尊〜正(聖)観音像〜

乳母制度と頼朝・頼家・実朝

源頼朝の死

源頼朝の命日:頼朝がのこしたもの






「源氏」「鎌倉」「頼朝」トップ



伊豆・箱根
伊豆・箱根の旅
(源頼朝・北条氏ゆかりの地)

伊豆韮山
源頼朝の配流地
(伊豆韮山)





鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

初夏の鎌倉 鎌倉GW特集


カスタム検索