鎌倉手帳(寺社散策)

頼朝の兄弟たち

岡戸秀仁
編集:岡戸秀仁







長兄:義平

 母は三浦義明の娘とされるが、遊女であった可能性が高い。

 叔父義賢(木曽義仲の父)を討ったことで、「悪源太」と呼ばれるようになる。

 平治の乱で斬首。

 逗子の光照寺は義平の菩提寺といわれている。


次兄:朝長

 母は波多野義通の妹とされるが、遊女であった可能性が高い(参考:波多野城址)。

 相模国松田郷を領し、「松田冠者」と呼ばれる。

 平治の乱後、父とともに逃亡、途中「落武者狩り」に遭い負傷し、父義朝に死を願い最期を遂げる。


弟:義門

 母は頼朝と同じ由良御前と考えられている。詳細不明。


弟:希義

 母は由良御前

 平治の乱後、土佐に流罪となり、「土佐冠者」と号する。

 平家打倒の気運の中で挙兵するが、平家家人に事前に察知され討ち取られる(参考:希義公の土と石〜源頼朝墓〜)。


弟:範頼

 母は遠江国の遊女。

 宇治・瀬田の戦いにおいて木曽義仲を討ち、一の谷合戦、九州進軍を経て、壇ノ浦の合戦で平家を滅ぼす。

 奥州征伐にも参加。

 1193年(建久4年)、頼朝への謀反の疑いをかけられ伊豆修禅寺(修善寺)に幽閉され、のちに自害。

 一説には、埼玉県の吉見に逃れ吉見氏として続いたとも、北本市石戸に逃れたともいわれる(石戸には、持っていた杖が根付いたといわれる「蒲ザクラ」がある。)。


源範頼の謀叛

修禅寺

源範頼の墓〜伊豆:修善寺〜

太寧寺と源範頼

薬王寺

石戸蒲ザクラ


稲瀬川の桟敷・・・源範頼の出陣(okadoのブログ)

曾我兄弟の仇討ち・・・(okadoのブログ)

源頼朝の弟範頼(okadoのブログ)


弟:全成

 母は常盤御前

 平治の乱後、出家し醍醐寺に入る。

 頼朝挙兵するとその揮下に入り、のちに三代将軍となる実朝の乳母である北条保子と結婚(北条政子の妹)。

 1203年(建仁3年)、二代将軍頼家への謀反の疑いをかけられ殺害された(参考:阿野全成の誅殺)。

 沼津市の大泉寺に墓所がある。


弟:義円

 母は常盤御前

 平治の乱後、出家し園城寺に入る。

 頼朝挙兵するとその揮下に入るが、源行家(叔父)の援軍として参加した墨俣の戦いで討死。



弟:義経

 母は常盤御前

 平治の乱後、鞍馬寺に預けられ、のちに奥州平泉の藤原秀衡を頼る。

 頼朝が挙兵するとその揮下に入り、宇治・瀬田の戦いにおいて木曽義仲を討ち、一ノ谷、屋島の合戦を経て壇ノ浦に平家を滅ぼす。

 許可なく官位を受けたことで頼朝の怒りをかい、許してもらえないとわかると、自立の行動をみせたため捕縛命令が出されてしまう。

 逃亡生活を送ったのち、再び奥州平泉の藤原秀衡を頼ったが、秀衡死後は奥州の情勢にも変化が起り、最期は秀衡を継いだ藤原泰衡に攻められ自刃した。


源義経
源義経(年表)

源義経伝説をめぐる
(鎌倉・藤沢・京都・平泉など)








源氏の繁栄・衰退・再興・滅亡

源義経の母常盤御前

頼朝と義経・・・涙の対面

源義経が左衛門尉に・・・頼朝の対応は?

平氏の滅亡・・・吾妻鏡に記された壇ノ浦の戦い

源義経の腰越状〜頼朝と義経の対立:満福寺〜

義経の伝説と亀井神社

源義経を襲撃した土佐坊昌俊

母と子の悲しい運命・・・静御前

奥州平泉の発展と藤原清衡

北方の王者藤原秀衡の死

奥州征伐・・・奥州藤原氏の滅亡





「源氏」「鎌倉」「頼朝」トップ



源頼朝像
鎌倉の歴史と源頼朝







伊豆・箱根
伊豆・箱根の旅
(源頼朝・北条氏ゆかりの地)

伊豆韮山
源頼朝の配流地
(伊豆韮山)





鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神
都七福神 新年イベント


カスタム検索