鎌倉手帳(寺社散策)

源頼朝の妻北条政子

岡戸事務所
編集:岡戸秀仁







北条政子像
北条政子像
政子リンク安養院


 北条政子は、北条時政の長女として伊豆国に誕生。
 
 『曽我物語』などでは、蛭ヶ小島に流されていた源頼朝と政子は、時政が大番役で京に上っているときに恋仲となり、それを知った時政は、目代の山木兼隆に嫁がせようとするが、政子は頼朝のもとへと走り、伊豆山権現に匿ってもらったと伝えられている。

 しかし、山木兼隆は、1179年(治承3年)に罪人として伊豆国に流され、翌年、知行国主だった源頼政が以仁王とともに挙兵し、敗死したことを受けて目代となった人物。

 しかも、頼朝と政子との間には、1178年(治承2年)頃には長女大姫が誕生していたと考えられていることから、『曽我物語』などが伝えるような事実はなかったものと考えられる。 

伊豆の国市北条氏館跡
政子リンク北条氏邸跡
(伊豆の国市)
北条政子産湯の井戸
政子リンク政子産湯の井戸
(伊豆の国市)

蛭ヶ小島
政子リンク蛭ヶ小島
(伊豆の国市)



政子の兄弟姉妹

宗時(兄):石橋山の戦いで討死
(参考:北条宗時の墓

義時(弟):のちの二代執権

時房(弟):三代執権泰時のときに連署

阿波局(妹):阿野全成の妻







 1180年(治承4年)、源氏再興の挙兵を果たした源頼朝が鎌倉に入り、武家の都を創造すると、政子は御台所としてそれを支えた。

 「政子」という名は父時政の名から付けられたと伝えられているが、「政子」と呼ばれるようになったのは、1218年(建保6年)、従三位に叙せられたときからのようである。

北条政子像
北条政子像
政子リンク安養院

 源頼朝亡き後、実権を握りたい北条氏は、有力御家人を次々と滅ぼした。

 1200年(正治2年):梶原景時が駿河国で討死(梶原景時の変)。

 1203年(建仁3年):比企能員が暗殺され、比企一族が滅亡(比企の乱)。
 (※同年、長男で二代将軍源頼家が追放され、翌年暗殺されている。)

 1205年(元久2年)、畠山重忠・重保父子が討死(畠山重忠の乱)

 畠山重忠の乱後、政子と弟義時は、父時政を鎌倉から追放し、1213年(建暦3年)には侍所別当の和田義盛を滅ぼした(和田合戦)。

 1219年(建保7年)、次男・三代将軍源実朝暗殺(源実朝の暗殺)。

 これらの事件に政子がどのような立場で、どれだけ関わっていたのかは不明だが、北条氏主導の政権とするために自分の子を犠牲にし、源氏の血を絶ってしまった事は確かなこと。



〜全ての子に先立たれた北条政子〜

 「北条政子」・・・鎌倉幕府の実権を握り「尼将軍」と呼ばれた人物。

 そして「鬼嫁」というイメージもあるが、子ども達の事では、大変な苦しみを背負いながらその生涯を終えたと思われる。

 当時の高い位にある家の子育ては、実の母親が育てるのではなく、乳母がつき教育をする。

 政子の子らもそれぞれに乳母が付けられて育てられた。


〜長男頼家の場合〜

 長男の頼家は、比企氏が乳母を務めた。

 その上頼家は、比企氏の娘若狭局を側室としたことから、余計に実母政子や北条氏との縁が遠くなった。

 政子は、「愛」に関してもの凄く真直ぐな女性で、源頼朝の浮気相手の家を「叩き壊す」というような嫉妬丸出しの行動を平気でとれる女性でもあったため、息子への愛も重過ぎるものがあったのかもしれない。

 それが「比企憎し」に発展してしまったのではないだろうか。

 最終的には、その「比企憎し」が、頼家を伊豆修禅寺に幽閉し、さらに暗殺しなければならなくなったのかもしれない。

源頼家の墓
政子リンク源頼家の墓
(修禅寺)
修禅寺指月殿
政子リンク指月殿
(修禅寺)


〜次男実朝の場合〜

 次男の実朝は、頼家の子公暁によって暗殺される。

 公暁は、実朝と北条氏を「親の仇」として生きていたと思われるが、公暁を哀れに思った政子は、京に僧としての修行に出したり、鶴岡八幡宮寺の別当に就任させるなど、随分と世話をしたようである。

 しかし、それが公暁に絶好の「敵討ち」のチャンスを提供してしまったのかもしれず、さらには、夫頼朝の源氏政権をたった40年余で終らせてしまったのかもしれない。

源実朝御首塚
政子リンク源実朝公御首塚
(秦野市)
源実朝五輪塔
政子リンク実朝五輪塔
(壽福寺)


 悲運な生涯を終えたのは息子たちだけではない。

 長女と次女についても時代の大きな流れの中で亡くしている。


〜長女大姫の場合〜

 長女の大姫は少女のころ、木曽義仲の子で鎌倉に人質として送られてきた義高になつき、婚約までしていた(結婚していたともいわれる。)。

 しかし、その義高を殺害する命令が頼朝から出されたため、大姫は密かに義高を逃がしたのだが、すぐに捕らえられて殺されてしまった。

 大姫は生きる気力を失くし、長い間病気を繰り返し、最終的には自殺してしまったともいわれている(参考:木曽義高の誅殺)。

木曽塚
政子リンク木曽塚
(常楽寺)
岩船地蔵堂
政子リンク岩船地蔵堂
(大姫の守本尊)


〜次女三幡の場合〜

 次女の三幡は、天皇に嫁ぐことがほぼ決まっていたが、高熱を発し、京より招いた医師に診てもらったものの助からなかった。

 京の医師が後鳥羽上皇に命ぜられ毒を与えたとの説もある。







〜北条政子ゆかりの地〜
(鎌倉)

壽福寺
政子リンク壽福寺
北条政子五輪塔
政子リンク政子五輪塔
(壽福寺)

安養院
政子リンク安養院
北条政子宝篋印塔
政子リンク宝篋院塔
(安養院)

長楽寺跡
政子リンク長楽寺跡



北条政子地蔵
政子リンク願成就院の政子地蔵

 次男実朝(三代将軍)が暗殺されたことによって将軍が不在となってしまったことから、政子は後鳥羽上皇の皇子を将軍として迎えようとするが断れている。

 しかたなく、藤原(九条)道家の子三寅を迎えることとなった(のちの頼経)。

 政子は2歳だった三寅の後見役となって「尼将軍」と呼ばれるようになる。

 1221年(承久3年)、後鳥羽上皇が執権北条義時追討の院宣を下し挙兵するが、尼将軍政子は御家人たちを前にして「故右大将の恩は山よりも高く海よりも深い・・・」と演説したと伝えられている。

 1225年(嘉禄元年)7月11日、源頼朝の妻として、頼家実朝の母として、藤原頼経の後見役として鎌倉幕府の基礎を築いた北条政子は69歳で亡くなった。

 勝長寿院で荼毘に付され葬られたと伝えられている。  



北条政子頭髪梵字曼荼羅
政子リンク北条政子頭髪曼荼羅
(伊豆山神社)

 熱海の伊豆山神社に残されている「北条政子頭髪曼荼羅」は、源頼朝の一周忌に政子が自らの髪の毛を除髪して刺繍したというもの。






源頼朝像
政子リンク鎌倉の歴史と源頼朝


政子リンク「源氏」「鎌倉」「頼朝」トップ



伊豆・箱根
政子リンク伊豆・箱根の旅
(源頼朝・北条氏ゆかりの地)

伊豆韮山
政子リンク源頼朝の配流地
(伊豆韮山)


歴史めぐり源頼朝


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)