鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



源頼朝の母
由良御前


岡戸事務所
編集:岡戸事務所







 源頼朝の母・由良御前。

 熱田神宮大宮司藤原季範の娘として尾張国で誕生。

 生誕日等の詳しいことは不明。


熱田神宮
熱田神宮

 熱田神宮は、三種の神器の一つ草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)を祀った神社で、 113年(景行天皇43年)の創建と伝えられる。

 大宮司職は、代々尾張氏(季範の母の実家)が務めていたが、尾張員職のときに外孫の季範に譲られた。

 以後、藤原氏が大宮司職を世襲した。





 由良御前は、久安年間頃に源義朝と結婚。

  頼朝希義、坊門姫を産みました。


源頼朝誕生地
源頼朝誕生地
(名古屋市熱田区・誓願寺)

 かつて誓願寺のある場所には、熱田神宮大宮司藤原季範の別邸があって、由良御前はこの場所で頼朝を出産したのだと伝えられている。



〜由良御前の死と平治の乱〜

 1159年(保元4年)3月1日、由良御前が死去。

 それから9ヵ月後の平治元年12月、平治の乱が勃発。

 13歳の頼朝も初陣を果たすが、義朝平清盛に敗れてしまう。

 義朝は尾張国野間で殺害され、頼朝伊豆国流罪。

 頼朝伊豆国へ流される際、由良御前の弟・祐範は、郎従1人を付けて送り出し、その後も伊豆国の頼朝の元に毎月使者を送っていたのだという。

 希義は、由良御前の兄(弟?)・範忠に捕えられ土佐国流罪。

 坊門姫は後藤実基に預けられた。

  のちに鎌倉幕府を開いた頼朝は、1189年(文治5年)3月、母の供養のため、鶴岡八幡宮に五重塔を建てている(参考:鶴岡八幡宮の五重塔)。


鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮



〜参考〜

常盤御前
常盤御前

 常盤御前は、源義朝の側室。
 源平合戦で活躍した源義経の母。







源義朝最期の地

源頼朝配流地

歴史めぐり源頼朝



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索