鎌倉手帳(寺社散策)

明月院ブルー あじさいの風



神 武 寺
〜逗子の古刹〜


編集:岡戸事務所










 『相模国三浦郡神武縁起』によると、神武寺(じんむじ)は、724年(神亀元年)、聖武天皇の命によって、行基が十一面観音・釈迦如来・薬師如来を彫刻し祀ったことがはじまりだといわれている。

 その後、857年(天安元年)、慈覚によって中興され天台宗に改宗された。

 『吾妻鏡』の記録によると、源頼朝も崇敬し、北条政子の安産祈願に神馬が奉納している。

 また、三代将軍源実朝は、1209年(承元3年)、神武寺と岩殿寺を参詣した。

 1590年(天正15年)、豊臣秀吉の小田原攻めの際に諸堂が焼失するが、1598年(慶長3年)に薬師堂が再建された。

 その後、他の堂宇も再建され現在に至っている。

 神武寺は鷹取山とともに「かながわの景勝50選」。


〜御産加持の命〜

 『吾妻鏡』によれば、源頼朝は、1192年(建久3年)8月9日、北条政子が産気づいたことから、鶴岡八幡宮と相模国の神社仏寺27ヶ所に神馬を奉り経をあげさせた。

 無事に産まれたのがのちの三代将軍実朝

 27ヶ所の中に神武寺も含まれ、他に大山寺霊山寺(日向薬師)などの名が見られる(参考:政子安産の祈願所)。


源実朝の誕生(okadoのブログ)




池子参道
(京急神武寺駅から)

表参道
(JR東逗子駅から)



総門

 総門は、もとは東逗子駅付近の踏切を渡った所にあった。
 第二次世界大戦中に表参道の登り口に移された後、昭和50年に現在地に移されている。
 1733年(享保18年)の建築物といわれている。



鐘楼

 1859年(安政6年)に建てられた。
 もともと、薬師堂の前に鐘楼門があったが、楼門を建てるため、弘明寺へ移築されたと伝えられている。
 梵鐘は第二次世界大戦で供出され、現在吊されているのは昭和25年に鋳られたもの。
 「神武寺の晩鐘」は「逗子八景」の一つに数えられている。



六地蔵

楼門
(1761年(宝暦11年)建立)




薬師堂

 薬師堂は、慶長3年造立上葺棟札のある建造物で、神奈川県の重要文化財。
 本尊は薬師三尊(逗子市重要文化財)。
 秘仏とされ33年に一度開帳されている(毎年12月13日の煤(すす)払いの日の午前中にも開扉が行われる。)。

 薬師三尊の他、十二神将像、行基菩薩像を安置。

 本尊薬師如来開扉特別拝観








客殿宝珠殿
(阿弥陀三尊)

地蔵堂



〜絵画〜
鎌倉国宝館に寄託)

◎絹本著色 大威徳明王像
 鎌倉時代末期のもの。水上を突進する水牛の背上で忿怒の大威徳明王を描き、「怨敵調伏」の祈願の本尊と考えられている(神奈川県の重要文化財)。

◎絹本著色 千手観音像
 鎌倉時代末期のもの。十一面四十二臂の立像を画面中央に描き、衣部には切金文様を施し描かれている(神奈川県の重要文化財)。



〜鎌倉郡沼浜郷〜

 『倭名類聚抄』によれば、平安時代の鎌倉郡は、沼浜、鎌倉、埼立、荏草、梶原、尺度、大島という七つの郷からなると記されている。

 そのうちの「沼浜」とは、現在の逗子市沼間のことで、正倉院御物古裂にも「沼濱郷」の記載がある。

 源義朝が館を構えたところでもある(沼浜亭)。





 境内に聳える「なんじゃもんじゃ」の木。
 かながわ名木100選。



逗子沼間(沼浜)の史跡巡り




源義朝ゆかりの沼浜郷

本尊薬師如来開扉特別拝観

鷹取山の散策〜神武寺から磨崖仏〜









神武寺

逗子市沼間2−1402

JR横須賀線「東逗子駅」徒歩15分
京浜急行「神武寺駅」徒歩30分







鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

初夏の鎌倉 鎌倉のアジサイ


カスタム検索