鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



十国峠と源実朝の歌碑

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







十国峠


 伊豆・駿河・遠江・甲斐・信濃・武蔵・上総・下総・安房・相模の十ケ国を見渡せることから十国峠と名付けられた。

 山頂からは360度のパノラマ。

 十国峠は伊豆や熱海と箱根を結ぶ交通の要所。

 1932年(昭和7年)には、熱海峠と箱根峠を結ぶ自動車専用道路が開通し、山頂には日本初の夜間航空灯台が設置された。


十国峠

十国峠

十国峠





十国峠・源実朝歌碑
源実朝の歌碑

 「箱根路をわが越えくれば伊豆の海や沖の小島に波の寄る見ゆ」

 源実朝箱根権現伊豆山権現三嶋大社を参拝する「二所詣」の際に詠んだ歌。

 この歌は実朝が22歳のときのものといわれ、沖の小島とは「初島」のことだろうと考えられる。

 『吾妻鏡』によれば、実朝22歳の1214年(建保2年)は、正月と9月の2回二所詣が行われている。

 歌碑は、歌に詠まれている沖の小島(初島)が見える場所に建てられている。


金槐和歌集
(源実朝の家集)



日金山東光寺
日金山東光寺

 十国峠の日金山東光寺は、かつては伊豆山神社の元宮。
 本尊の地蔵菩薩像は、源頼朝が源氏再興を祈願したという像。

伊豆山本宮
伊豆山神社
本宮
伊豆山神社
伊豆山神社


源頼朝と日金地蔵・・・十国峠から伊豆山神社へ(okadoのブログ)










十国峠
十国峠から見える初島と大島

静岡県田方郡函南町桑原1400−20
(レストハウスの所在地)

熱海駅から元箱根行バス約40分
十国峠登り口下車
ケーブルカーで頂上まで3分


熱海と源頼朝の伝説



〜熱海・頼朝MAP〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






伊豆韮山
源頼朝の配流地
(伊豆韮山)

伊豆・箱根
伊豆・箱根の旅
(源頼朝・北条氏ゆかりの地)


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索