鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



偏界一覧亭
鎌倉:瑞泉寺


岡戸事務所
編集:岡戸事務所







偏界一覧亭


 瑞泉寺の偏界一覧亭は、夢窓疎石が1328年(嘉暦3年)に庭園の山上に建立したもので、富士を正面に望む景勝の地だったという。

 偏界一覧亭では、鎌倉五山の僧が集まり詞会が開かれた。

 「前もまた重なる山の庵にて梢(こずえ)に続く庭の白雲」は、疎石がこの亭で詠んだものと伝えられている。

 その後、荒れ果てた「偏界一覧亭」をみた徳川光圀(水戸光圀)が堂を建て、そのそばに東屋を造り「一覧亭集詩板」を掲げたというが今はない。

 光圀は、そこで『新編鎌倉志』を編纂させたといわれている。


 偏界一覧亭の「偏」の字は、「にんべん」ではなく「ぎょうにんべん」。


偏界一覧亭

 現在の小堂は1935年(昭和10年)に建てられたもの。




偏界一覧亭碑

一覧亭復興碑
(山門前)

 かつてあった偏界一覧亭には、1689年(元禄2年)に徳川光圀が寄進した「木造千手観音菩薩像」が安置されていたという。
 現在は本堂(仏殿)に安置されている。




鎌倉アルプスの散策・・・前編 後編

明王院から瑞泉寺への古道






瑞泉寺
瑞泉寺

 瑞泉寺は、夢窓疎石によって開かれた禅寺。
 疎石によって造営されたという庭園は、国の名勝指定を受けている。


鎌倉市二階堂710
0467(22)1191

鎌倉駅徒歩30分
バス停「大塔宮」から徒歩10分



鶴岡八幡宮周辺・西御門・二階堂
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。





鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索