鎌倉手帳(寺社散策)

北条政子の墓
〜鎌倉:安養院〜


岡戸秀仁
編集:岡戸秀仁







北条政子宝篋印塔


 安養院観音堂背後には、北条政子のものと伝わるの宝篋印塔(供養塔)が建てられている。

 政子は、晩年を勝長寿院奥に屋敷を建てて過ごし、1225年(嘉禄元年)7月11日に亡くなった。

 『吾妻鏡』によれば、勝長寿院で荼毘に付されたという。

 法名は「安養院殿」。

 政子の宝篋印塔の横には、鎌倉最古の石塔といわれる良弁尊観の宝篋印塔がある。

 参考:北条政子の五輪塔壽福寺





北条政子宝篋印塔

 塔には「二位政子御法号安養院殿如実妙観大禅定尼嘉禄元年七月十三日」と刻まれている。

 政子は、1218年(建保6年)に上洛し、京に滞在中の4月14日には従三位に叙せられ、鎌倉に戻った後の10月13日には従二位に叙せられた。

 『吾妻鏡』には、1225年(嘉禄元年)7月11日に亡くなり、翌日、勝長寿院で火葬されたことが記録されている。


北条政子と源実朝の墓(okadoのブログ)

北条政子の宝篋印塔・・・安養院(いろんな鎌倉)



北条政子像
北条政子像
安養院
北条政子像
北条政子像
安養院


政子地蔵
政子地蔵菩薩像
願成就院:伊豆韮山)






安養院
安養院

 安養院は、北条政子源頼朝の菩提を弔うために創建したという長楽寺を前身としている。
 千手観音像は、坂東観音巡礼鎌倉観音巡礼の第三番。


鎌倉市大町3−1−22
0467(22)0806

鎌倉駅東口より徒歩12分



鎌倉:寺社・史跡めぐり
大町・名越

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神
都七福神 新年イベント


カスタム検索