鎌倉手帳(寺社散策)

秋の鎌倉 鎌倉検定



伝説の矢拾地蔵
〜鎌倉:浄光明寺〜

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







浄光明寺矢拾い地蔵


 浄光明寺の収蔵庫に安置されている木造彩色地蔵菩薩立像は、「矢拾地蔵」(やひろいじぞう)とも呼ばれ、足利直義の念持仏と伝えられている。

 鎌倉二十四地蔵の一つ。

 南北朝時代の秀作として県の文化財に指定されている。


 この地蔵像には次のような伝説が残されている。

 ある戦の折、足利直義の矢がつきてしまい、困り果てていると、そこへ一人の小僧が現れ、 落ちている矢を拾い集めてきた。

 不思議に思った直義が振り返ってみると、それは直義が日頃信心していた地蔵菩薩像だったという。


 ※「ある戦」とは、1335年(建武2年)に起こった「中先代の乱」なのかもしれない。

 参考:中先代の乱と足利尊氏










浄光明寺
浄光明寺

 浄光明寺は、1251年(建長3年)、北条長時(のちの六代執権)によって再興された真言宗の寺。
 足利尊氏直義兄弟にゆかりのある寺でもある。


鎌倉市扇ガ谷2−12−1
0467(22)1359

鎌倉駅西口から徒歩15分



鎌倉:寺社・史跡めぐり
鎌倉駅西口周辺・佐助・扇ヶ谷

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。





鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 宝物風入


カスタム検索