鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



源実朝の五輪塔
〜鎌倉:寿福寺〜

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







源実朝の墓


 寿福寺裏山の「やぐら」内にある五輪塔。

 源実朝のものと伝えられている。

 源実朝の「やぐら」は、牡丹唐草の文様が彩色されていたため「唐草やぐら」とか、「えかきやぐら」と呼ばれていたという。

 近くには、北条政子のものと伝えられている五輪塔もある。


北条政子の墓
北条政子の五輪塔





〜源実朝の位牌と寿福寺開基〜

 寿福寺に伝えられている実朝の位牌には、「当寺大檀那大悲寺殿凾相公大禅定門」と記されているという。

 この位牌の内容からすれば、寿福寺の開基は源実朝ということになる。

源実朝の碑
源実朝碑



〜 参 考 〜

源実朝御首塚
源実朝公御首塚
(秦野市)

 『吾妻鏡』によれば、三代将軍源実朝は、1219年(建保7年)、甥の公暁によって暗殺され、勝長寿院に葬られたが、首は公暁が持ち去ってしまいなかったことから、首の代わりに髪の毛が棺に納められたと伝えられている。




 鎌倉国宝館に寄託されている源実朝のものと伝わる木製五輪塔。

 秦野市では、暗殺された源実朝の首は、三浦義村の家臣武常晴が拾い上げ、波多野氏を頼って葬ったと伝えられている。

 そして、供養の導師には退耕行勇が招かれ、 木製の五輪塔(写真)が建てられたという。





北条政子と源実朝の墓(okadoのブログ)

源実朝の木製五輪塔(okadoのブログ)

源実朝の首と七騎谷の伝説(okadoのブログ)

実朝桜・・・鶴岡八幡宮(okadoのブログ)











壽福寺
寿福寺

 寿福寺は、源義朝の旧跡に北条政子が創建したといわれる寺。
 開山は、我が国臨済宗の開祖で『喫茶養生記』で知られる栄西
 鎌倉五山の第三位。


鎌倉市扇ガ谷1−17−7

鎌倉駅西口より徒歩10分



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索