鎌倉手帳(寺社散策)

建長寺山門(三門)
〜三解脱門〜

岡戸事務所
編集:岡戸秀仁







建長寺山門(三門)


 建長寺の山門(三門)は、1775年(安永4年)、二百一世万拙碩誼(ばんせつせきぎ)によって再建されたもの。

 建長寺大工の河内長兵衛が棟梁を務め、「建長興国禅寺」の大扁額をかけるため、上層に軒唐破風が設けられた。

 三間二重門としては東日本最大の規模を誇る (国重文)。

 楼上には、釈迦如来・五百羅漢・十六羅漢が安置され、その下を通ると心が清浄になるといわれている。


建長寺山門(三門)
三解脱門

 建長寺の山門は、「三門」とも書かれる。

 「三門」とは、「三解脱門」の略で、涅槃(悟り)に至るために通過しなければならない三つの関門(空・無作・無相)のこと。


建長寺



建長興国禅寺
扁額
建長寺・五百羅漢像
五百羅漢像

賓頭盧尊者
賓頭盧尊者



〜伝説〜

建長寺山門(三門)
狸の三門
三門梶原施餓鬼会
三門梶原施餓鬼会






建長寺
建長寺の伽藍配置

 建長寺の伽藍配置は、中国の径山(きんざん)万寿寺の伽藍配置を手本としたもの。
 山門仏殿法堂が直線上に配置され、僧堂と庫院・浴室と西浄(便所)が左右対称に配置されていた。








建長寺
建長寺

 建長寺は、五代執権北条時頼が宋の蘭渓道隆を招いて開いた日本で初めての「禅専門道場」。
 臨済宗建長寺派大本山。
 鎌倉五山の第一位。


鎌倉市山ノ内8
0467(22)0981

JR北鎌倉駅から徒歩15分



〜北鎌倉の寺社・史跡巡り〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

夏だ!休みだ!鎌倉だ! 鶴岡八幡宮例大祭
かまくら長谷の灯かり 夏:江の島