鎌倉手帳(寺社散策)

夏だ!休みだ!鎌倉だ! 鶴岡八幡宮例大祭



平景清の牢跡と
人丸姫の向陽庵
〜鎌倉七口:仮粧坂〜

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







景清窟


 鎌倉七口の一つ仮粧坂には、源頼朝の暗殺を企てた平氏の侍大将平景清が幽閉されたという牢跡(景清窟)が残され、「水鑑景清大居士」と刻まれた碑が建てられている。

 平景清は、「壇ノ浦」での敗戦後、自分を匿ってくれた叔父の大日房能忍を殺害したことから「悪七兵衛」と呼ばれるようになった。

 1195年(建久6年)、源頼朝東大寺大仏殿の落慶供養に参列するため上洛すると、景清は頼朝を暗殺しようとして、東大寺の転害門に隠れていたという伝説が残されている。

 石清水八幡宮に参拝した頼朝を狙ったとも伝えられている。


 景清は、近松門左衛門の浄瑠璃『出世景清』などに描かれ、これらの作品は「景清物」と呼ばれている。


景清窟
水鑑景清大居士の碑





=藤原秀郷の子孫=
景清は平氏ではなく藤原氏

 一般的に景清は「平姓」で呼ばれているが、それは平氏の都落ちに従ったためで、本当の姓は「藤原」。

 父藤原忠清は、伊勢国に基盤をおいた藤原秀郷流伊藤氏の出身で、平氏の有力な家人だった。

 1184年(元暦元年)、「一ノ谷の合戦」後、東国軍の主力が鎌倉に帰還すると、伊賀・伊勢で大規模な反乱を起こしている(三日平氏の乱)。

 「壇ノ浦の合戦」後に捕らえられ、断食して果てたという説や、六条河原で斬首されたという説があるが、謎の多い人物で各地に伝説が残されている。


=兄上総五郎兵尉忠光も頼朝暗殺を企てた!=

 『吾妻鏡』によれば、景清の兄忠光は、1192年(建久3年)正月21日、永福寺の建設現場に人夫として紛れ込み、源頼朝を暗殺しようとしたが捕らえられ、2月24日、武蔵国六浦で斬首された。

源頼朝暗殺計画:上総五郎兵尉忠光



向陽庵大悲堂碑
向陽庵大悲堂碑

 「景清窟」の下には、「向陽庵大悲堂碑」が建てられている。

 景清の娘人丸姫は、捕えられた父に会うため京都より鎌倉に下ってきたが会うことはできなかった。

 景清の死後、尼となった人丸姫は、景清が幽閉されていた石牢の上に、景清の守本尊(十一面観音像)を祀ったという(向陽庵)。

 数年後に亡くなった人丸姫は、扇ヶ谷に葬られ、そこは「人丸塚」と呼ばれていたというが、その塚もいつしか崩され、現在は安養院に預けられている(安養院の人丸塚)。

 向陽庵に祀られていた十一面観音像は海蔵寺にある。 


海蔵寺石碑
守本尊観世音菩薩
(海蔵寺門前)
安養院人丸塚
人丸塚
(安養院)


海蔵寺十一面観音
十一面観音
(海蔵寺)







 平景清は、東大寺大仏殿の落慶供養に参列した源頼朝を狙ったと伝えられている。

 特に転害門は、景清が隠れていたとして「景清門」とも呼ばれたという。

 京都の石清水八幡宮に参拝した頼朝を狙ったとも伝えられ(景清塚)、清水寺にも景清の伝説が残されている(随求堂 朝倉堂)。


東大寺大仏殿
東大寺大仏殿
東大寺転害門
転害門
(東大寺)

景清爪形観音
景清爪形観音
(清水寺)
景清塚
景清塚
(石清水八幡宮)


源頼朝を暗殺しようとした平景清の伝説(okadoのブログ)



ハイキングを楽しみながら歴史と自然を満喫

葛原ヶ岡・大仏ハイキングコース
葛原ヶ岡・大仏ハイキングコース




武蔵大路の散策

源頼朝暗殺計画!

葛原ヶ岡・大仏ハイキングコース:その1









仮粧坂
仮粧坂
海蔵寺
海蔵寺


鎌倉の山(古道)を散策



鎌倉:寺社・史跡めぐり
鎌倉駅西口周辺・佐助・扇ヶ谷

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

江の島灯籠 長谷の灯かり


カスタム検索