鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



光明寺三門(山門)
〜鎌倉最大の三門(山門)〜

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







光明寺山門


 光明寺の三門(山門)は、鎌倉最大の三門(山門)で、間口16m、奥行き7m、高さ20m。

 禅宗の五山形式が浄土宗に取り入れられた。五本の柱によって間仕切りがされ、中央の3つの間が入口となっている。

 二階建てで、一階は日本風、二階が中国風の造り。

 現在の山門は、1847年(弘化4年)に再建されたもの。1495年(明応4年)に建立されたときは、さらに大きいものだったという。

 鶴岡八幡宮の表門だったともいわれるが定かではない。

 三門(山門)の右側は蓮乗院、左側は千手院


光明寺山門

光明寺山門





 三門楼上には、釈迦三尊、四天王、十六羅漢が祀られている。

 春の観桜会、10月のお十夜のときに公開され、材木座海岸由比ヶ浜江ノ島を一望することができる。

 5月の「秋葉大権現例祭」の稚児行列は、三門(山門)から秋葉大権現へと向かう。

光明寺山門・景色
山門楼上
光明寺山門・景色
山門からの展望



光明寺山門・景色
観桜会
(3月)
秋葉権現例祭
秋葉大権現例祭
(5月)


光明寺お十夜
お十夜
(10月)



光明寺山門・天照山
天照山の額

 三門(山門)に掲げられている「天照山」の扁額は、後花園天皇の直筆で、1436年(永享8年)に賜った。



光明寺山門と桜
光明寺山門とサルスベリ
サルスベリ


光明寺裏山の展望
光明寺裏山の展望


 「光明寺裏山の展望」は、光明寺境内から由比ヶ浜の海を一望でき、「稲村ヶ崎」「十王岩の展望」「江ノ島稚児ヶ淵」とともに「かながわの景勝50選」に選ばれている。

  (参考:鎌倉の海 鎌倉:海の見える寺







光明寺
光明寺

 材木座の光明寺は、後土御門天皇から「関東総本山」の称号を受けた寺。
 10月12日〜15日の間は、夜を徹して念仏や御詠歌を唱える念仏会「お十夜法要」が行われる。


鎌倉市材木座6−17−19
0467(22)0603

鎌倉駅東口から徒歩35分又は
小坪経由逗子駅行バス「光明寺」下車



鎌倉:寺社・史跡めぐり
大町から材木座・小坪

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索