鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉初詣特集 鎌倉江の島七福神



香 山 寺
静岡県伊豆の国市

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







伊豆の国市香山寺


 香山寺(臨済宗)は、源頼朝が源氏再興の挙兵をした際に、最初に標的とされた山木(八巻)兼隆が建立した寺。

 当時の開山和尚は不明。

 その後、鎌倉の報国寺開山の天岸慧広が足利家時を開基として開き、北条早雲が中興した。

 早雲は、京都大徳寺八十三世となった以天宗清(いてんそうせい)を住まわせ、子の氏綱は箱根湯本の早雲寺の開山に迎えたという。


戦国大名・北条早雲は、伊豆国の韮山城を居城としていた。





山木兼隆五輪塔
山木兼隆供養塔

 山木兼隆(伊勢平氏)は、判官(検非違使)だったが、父の訴えにより罪を得て伊豆国山木郷に流された。

 のちに平氏政権の下で伊豆国司(平時忠)の目代となり、源頼朝の監視役となった。

 1180年(治承4年)の頼朝挙兵時には最初の標的とされ、佐々木盛綱と加藤景廉に討ち取られた。


山木館跡
山木兼隆館跡

 山木兼隆は、北条時政との約束で、北条政子と結婚する予定であったという伝説もあるが、兼隆が伊豆国の目代となったのは1180年(治承4年)のこと。

 このとき源頼朝北条政子は婚姻済で、二人の間には長女大姫が誕生していた。









源頼朝の鎌倉入り〜源氏再興の挙兵〜

源頼朝の挙兵・・・山木館襲撃

源頼朝挙兵の日

源頼朝と伊豆国







伊豆の国市香山寺
香山寺の山門は、元韮山県庁の門。

香山寺

静岡県伊豆の国市韮山山木868−1

伊豆箱根鉄道駿豆線「韮山」駅から徒歩25分



伊豆の国市・源頼朝MAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






伊豆韮山
源頼朝の配流地
(伊豆韮山)

伊豆・箱根
伊豆・箱根の旅
(源頼朝・北条氏ゆかりの地)


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

鎌倉の紅葉 新年イベント


カスタム検索