鎌倉手帳(寺社散策)

源頼朝をめぐる大阪 源義朝最期の地



京都:大通寺
源実朝の菩提寺

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







大通寺


 大通寺(万祥山遍照心院)は、963年(応和3年)、源満仲が父経基の墓所に一宇を建立したのがはじまりという(参考:六孫王神社)。

 その後の1222年(貞応元年)、鎌倉幕府三代将軍源実朝の菩提を弔うために妻本覚尼(坊門信子)が真空回心上人を招いて創建したのが大通寺。

 本尊は宝冠釈迦如来像。
 本尊の脇には源実朝像が安置されている。

 大通寺は尼寺として栄え、実朝の母北条政子も援助したという。

 『十六夜日記』の作者阿仏尼も夫為家の供養をしたといわれ、境内には阿仏尼の墓とされる「阿仏塚」がある。 





源実朝
源実朝像


 大通寺を創建した本覚尼は公卿坊門信清の娘。

 1204年(元久元年)に源実朝の正室となるが、子はなく、1219年(建保7年)に源実朝が暗殺されると、鎌倉の壽福寺で出家し京に戻ったという。

 創建時は、現在の南区八条町付近(本覚尼の自邸)にあって、六孫王神社が寺の鎮守となっていたが、1912年(明治45年)に東海道線の移設工事によって現在地に移転している。










大通寺
大通寺

京都市南区西九条比永城町1

JR京都駅八条口から徒歩15分
近鉄「近鉄東寺駅」下車徒歩10分






奈良・京都


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

奥州平泉 信濃善光寺


カスタム検索