鎌倉手帳(寺社散策)

源頼朝をめぐる大阪 源義朝最期の地



京都五山

岡戸事務所
編集:岡戸事務所







 「五山」とは禅宗寺院の格式を表したもの。

 鎌倉時代に北条氏によって導入された。

 室町時代に入り、後醍醐天皇足利尊氏、足利義詮によって五山が定められたが、1386年(至徳3年)、足利義満によって、最終的に定められたのが「鎌倉五山」と「京都五山」。

 南禅寺は「鎌倉五山」と「京都五山」の上位に置かれた。


五山之上
南禅寺
南禅寺
第一位
天龍寺
天龍寺


第二位
相国寺
相国寺
第三位
建仁寺
建仁寺


第四位
東福寺
東福寺
第五位
万寿寺
万寿寺







大徳寺
大徳寺

 大徳寺は後醍醐天皇のときに五山と定められたが、足利尊氏の時代になって五山から除かれた。



金閣寺
金閣寺
銀閣寺
銀閣寺

 足利義満創建で北山文化の象徴の鹿苑寺(金閣寺)と足利義政創建の慈照寺(銀閣寺)は、京都五山第二位の相国寺の塔頭。








奈良・京都
奈良・京都


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)

奥州平泉 信濃善光寺


カスタム検索